仕事内容

医療現場に携わるお仕事

特別な資格は持っていないが、
医療系の仕事に就きたいとお考えの方はたくさんおられます。

そんな方にお薦めなのが、医療事務のお仕事です。
医療事務の仕事内容とは?
窓口、カルテ、レセプト、会計が主な仕事内容になります。

その他にも、その医療機関での清掃や、
患者さんの要望を聞いたり、雑務もたくさんあります。

しかし、医療事務の仕事は本当にやりがいがある仕事で、
自分自身を成長させる事も出来ます。

先生や看護師の方達からも、色々な知識を教えて頂く事も出来ますし、
患者さんからも感謝してもらえる事もあります。

受け付け窓口に居て、
入り口から入って来られた患者さんと一番最初に顔を合わせるのも、
医療事務の仕事をしている人達です。

患者さんと医療スタッフ達との間を繋ぐ役目をするのも、
医療事務の立派な仕事になります。

この連携が上手く出来ないと、
その医療機関がうまく回らなくなってしまうので、とても大切な任務です。

このように、医療事務の仕事は、レセコン操作のみの事務作業ではなく、
医師や看護師と同じように医療現場に携わる事の出来る仕事なのです。

主な業務内容の流れ

しかし、毎日医療事務が主にしなければならない仕事は、
窓口業務、カルテ作成、月末に行うレセプト、そして会計です。

これらはレセコンで行います。
医療事務の基本の仕事であるレセコンでの仕事についてお話します。

レセコンは、レセプトを作成するコンピューターの事です。
レセプトとは、患者さんが受けた診療について、
各医療機関が保険者に請求する医療明細の事です。

これらは月毎に発行し、各保険者に請求するようになっています。
そして、このレセコンを使って毎日の業務が行われます。

まず、窓口業務では、医療機関に来られた患者さんが初診か再診かを確認し、
初診であれば、氏名や生年月日、保険証の記号番号等、
患者情報をレセコンの中に入力していき、カルテを作成します。

再診の場合であれば、保健証の確認をし、
変更や有効期限切れがないか等を細かく確認し、
その患者さんのカルテを出します。
そして、診療が終わると、レセコンに入力された診療内容に添って、
必要な点数等を加算し、会計を行います。

そして、月末にその月に来られた患者さん全員のレセプトを出し、
各保険者に請求出来るようまとめていくのです。
これがおおまかな仕事内容になります。

レセプト慣れは経験が必要

医療事務の経験をして、
職務の中で一番大変なのは、月末に行うレセプトでした。

もちろん、毎日気をつけていても、
小さな入力ミスや保険証の確認漏れ等でうまく請求出来ない場合も多々あります。

レセプトでエラーが出る理由のひとつに、
検査と処方内容の部分に必要な診断名が記載されていない場合があります。

これらは、診断名がないと、成り立たないものであり、
必ず必要な入力事項です。
その都度、担当の医師に診断名をきちんと加えて頂く事になります

しかし、これらの作業を長年繰り返し続けていると、
自然と分かるようになっていくものです。

私自身も最初は何が何だかさっぱり分からない状態でしたが、
何年も経つと体と頭が自然に記憶して、
簡単に気付けるようになりました。

そして、これらが身に付き始めた頃から、
医師達との信頼関係も築けるようになり、
お互い安心して、仕事が出来るようになりました。

やはり、医療の仕事はどんな小さなミスでも許されない仕事です。

しかし、そんな緊張感の中でも医療機関スタッフ全員の信頼関係次第で、
安心して仕事をする事が出来るようになります。

 

Posted by GRiry7uk