医療事務の魅力

医療事務の魅力とは

今現在、人気の職種として医療事務の仕事が挙げられます。

医療事務とは、その名の通り、医療の現場で事務員として働く仕事。

今では、様々な魅力があることから医療事務の資格を取る方も増えています。
では、何故医療事務が人気になっているのでしょうか。
そのためには、医療事務の概要をもう一度考えてみる必要がありそうです。

医療事務として働くには、特に資格は必要としていません。
ただし、医療に関する仕事です。
一般的な事務職とは異なる部分も少なくありません。
医療事務ならではの知識が必要となってきます。

このような知識を身につける為には通信教育等を利用し、
学ぶ事も出来ますし、現場に入って一から教えてもらう事もできるでしょう。

医療と言っても、数えきれぬ程たくさんの病院や診療科、
クリニックなどがありますので、
それぞれの医療機関に合った医療事務として働けるよう努力していかなければなりません。

しかし、一番大切な事は怪我や病気を患っている患者さんに対して、
優しい気持ちで接する事です。

いくら医療事務の仕事を完璧にマスターしているからと言って、
病気で苦しそうにしている患者さんに対して、
愛想が悪かったり冷たい態度で接していては話になりません。

事務の仕事とは言え、患者さんの一番最初に顔を合わす存在ですので、
明るくハキハキと笑顔で接するよう心がけましょう。

薬品の知識が身につく

さて、医療事務の仕事をしていると、
病院やクリニックのお休みに合わせて動くことになります。

多くの医療機関では土日休みを採用しており、
医療事務として働く方もそのスケジュールの中で仕事がしやすいでしょう。
また、平日の中で半休があるというクリニックも少なくありません。

したがって、ライフスタイルに応じて柔軟に働きやすい職場と言えるでしょう。
他にも様々な知識が身につきます。

その科によって特有の病気の見分け方や、
使用する薬の名前や効用等、専門的な知識を学ぶ事ができます。

もちろん医師や看護師でもないので、
詳しい事までは分からなくても、
基礎的な知識なら身につける事ができるでしょう。

これを身につけておくと、
実際の自分の生活において役立つ事がたくさんあります。

例えば、薬局で医療事務の仕事をしていると、
家に残っていた薬が何の薬か分からなくなってしまった時など、
わざわざ病院へ教えてもらいに行かなくてもある程度は自分で判断する事ができるでしょう。

例えば、小児科においては、
今現在流行している病気等の情報もいち早く得る事ができる為、
お子さんに対して病気の予防対策などをして挙げられるというのもメリットです。
他の科においても同様の事が言えます。

医療事務と言っても事務の仕事以外にも、
その医療機関での仕事に携わっていますので、
たくさんの情報を得る事ができますし、
自分を成長させる事ができるでしょう。

根底にあるのは感謝されること

そして、たくさんの患者さんと接し、
その患者さんの顔や特徴を覚え、次回来院した際に生かす事ができるのです。
医療事務の仕事をしている方の体験談を見ると、
勤務先の院長に、「医療事務という名の職業ですが、
病院の顔である受付に立っている以上、
笑顔を忘れずに毎日患者さんを見送って下さい」と言われた事があったようです。
確かに、患者さんの顔を見ずに、レセコンと向き合うだけの事務ではありません。

受付も立派な医療事務の仕事の1つ。
レセコン操作や月末に行うレセプト処理等、大変な仕事はたくさんあるでしょう。

しかし、日常の仕事としては、
とにかく患者さんを笑顔で迎え、笑顔で見送るというのが医療事務の基本です。
たまに医師や看護師、治療内容や待ち時間、
様々な事でクレームを言われる事もあります。

そんな時でも、丁寧に話を聞き、説明を行い、
何か間違った点があれば謝罪する、
そういった事をするのも受け付けに立っている医療事務の仕事になります。
そのような話を聞いてあげられるのは受け付けに立っている事務だけなのです。

現場の中では、医師や看護師がバタバタと走り回っています。
患者さんと医師、看護師の間に立って架け橋になってあげられるのも、
医療事務だけなのです。きちんと説明し、
患者さんに笑顔になって頂き、
医師たちにもありがとうと言われるのが、
医療事務の仕事の最大の魅力と言えるかもしれません。

Posted by GRiry7uk