医療事務と医療秘書の比較

自動化する医療事務

医療事務は、現在IT化が進められていることや、
また有資格者が増えて需要に対し供給過多な状態が続いているため、
次第にその安定神話が崩れつつあります。

医療事務に求められている仕事は、受付やカルテの整理や管理、
点数計算と会計の業務などがありますが、技術が進歩するにつれて、
誰にでも簡単に、そして素早く業務をこなせるようになってきました。

するとただでさえ医療事務の仕事を求めている人が多いにも関わらず、
正社員ではなくパートでもできる仕事になりますので、
人員の供給は更に増えてしまうことになります。

現在医療事務の仕事をしている人は、
多忙を極めているとは思いますが、ここが効率化されてしまうと、
必ずしも安定的な仕事であるとは言いきれなくなってしまうわけです。

医療事務の仕事は徐々に変化してきていますので、
働く人も時代の流れに応じてスキルアップをしていく必要があります。

医療秘書の存在

そこで注目されているのが医療秘書です。
医療秘書とは院長や医局、
看護部長や病棟クラークにおいて秘書的な仕事をこなすことを目的として作られた資格です。

仕事内容は、来客の対応や環境の整備、
スケジュールの管理に郵便物の整理、電話の対応や日報の管理、
文書の作成や学会への同行などなど、多岐に渡るものとなります。

この仕事の特徴は、誰の秘書として働くかによって、
しなければならない仕事の内容も変化してくるという点です。

この資格の最終的な目的としては、
サポートする人が仕事をより効率的に行うようにすることです。

医者は食事の時間も満足に取れないほど多忙な仕事ですので、
雑務は少しでもサポートして、本業に専念してもらうという表現が正しいでしょう。

医療秘書は、いわば医療事務の延長線上にあるような資格ですので、
現在医療事務の仕事をしているという方は
更なるスキルアップとして医療秘書について勉強を進めてみるのがお勧めです。

最近の大きな病院では、医療秘書課を設置する病院も増えてきており、
この流れは拡大傾向にありますので、
勉強をしておいても損することは無いと思われます。

次に、医療秘書に必要となる能力についてです。
医療秘書は、医療事務で行う業務に加えて、
診断書の作成や処方箋の作成、紹介状の作成やカルテの入力を代行、
医療情報のデータ処理などの業務もこなすことが可能です。

医療事務では受付と会計、レセプト作成が主な業務となりますが、
プラスアルファの仕事が可能となりますので、
その分のスキルアップが必要となってきます。

文書の処理や管理スキル、資料作成のスキルや英語を話せること、
より高度な医療の専門知識なども必要となります。

医療秘書は、求人自体は少ないですので、一から探すとなると大変です。

この仕事をしたいのならば、
医療事務の仕事を経験してから、
認めてもらって秘書になるというプロセスを経るのが効率的だと思われます。

Posted by GRiry7uk