必要な能力や意識

見守る人の画像

医療事務について

医療事務は主に病院などの受付で、
来院した患者さんの事務的手続きを行う仕事です。

医療事務の勤務場所は、病院から、クリニック、
歯医者さんなどの医療機関です。

自分が病院に行った時のことを思い出しますと、
イメージしやすいですが、まず受付をします。

そして診察券を作ってもらい、
問診票に記入して診察を待つことになると思います。

この時、すでに医療事務が活躍しています。
診察券を作り、保険証情報からカルテを作成しているのです。

そして、診察が終わりますと、患者さんはまた、受付へ戻ります。
そうしますと、お会計や、場合によっては処方箋をもらいます。
次回の予約も行い、診断書など必要な書類のやりとりもします。

これもすべて、医療事務の仕事です。

このように、来院してから帰るときまで、
医療事務は患者さんと接し、患者さんにとってははじめと終わりに出会う、
印象に残りやすい人達と言えます。

医療事務は、もちろん薬事法等の改正に合わせた日々の勉強は必要不可欠。
しかし、一度その基本的な技能を身につけてしまえば、
就労場所が沢山ある人気の職業の一つです。

看護師などの医療資格を取るには、
それを学ぶ学校に入り、国家試験を通る必要があります。

しかし、この医療事務の技能は、
修得するのにそこまでの煩雑さは必要ありません。
時間的にも経済的にも負担が軽くて済みます。
昔から、病院で働いてみたかったなどという人にはお勧めです。

また、派遣という形態での就労も可能になりますので、
子育て中でも、自分の都合のよい時間や時期を選んで、働くことができます。

医療事務をしていますと、病院のお金の請求の仕組みがわかりますし、
自然と病気や薬の名前に接することが多くなりますので、
いざ自分や家族が病気になったときのためにも勉強になると思います。

何より、患者さんからありがとうと、声をかけていただけるのは、
やりがいになりますし、嬉しいものでしょう。

必要な能力や意識とは

さて、このように人気の医療事務というお仕事ですが、
この医療事務で就職する時に必要な能力や意識とは、
一体どのようなものかと言いますと、まず必須なのは倫理観。

医療事務の扱う情報はすべて、患者さんの極めてプライベートな情報ですから、
絶対に仕事上知りえた情報を、患者さんの許可無く第三者に漏らすことがあってはなりません。

最近はインターネットに簡単にアクセスできるせいか、
これを通してうっかり情報漏洩するケースが増えています。
厳しい処罰が下されますので、個人情報は絶対に守る必要があります。

次に、コミュニケーション能力です。自分に当てはめればわかることですが、
具合の悪いときには、注意力などが落ちるもの。そのような時に、
機械的に応対されては、嫌な気持ちになる人が少なくありません。

人と接することが好きという人に向いています。

最後に、忙しいなかでも、正確に仕事を遂行する能力。
患者さんが待っていると思うと、焦る気持ちになりますが、
間違いの許されない内容ですから、
短時間で正確に仕事をこなすことが求められます。

医療事務に必要は能力は他にも様々ありますが、
自分がその病院の代表としての意識を持って
、患者さんと接する事が一番重要な事だと考えます。

どんな職業でも仕事の中身やPC操作などはやるうちに慣れてきます。
しかし根本の精神的な部分は慣れるものではありません。

自分がどういう対応をされると気持ちが良いか、
そういった部分を一番に考えられる事こそが医療事務に一番必要な意識だと思います。

Posted by GRiry7uk