医療事務の収入

人気が高い医療事務

収入も安定していることから人気も高いのが医療事務の仕事です。

医療関係の仕事は、景気からも左右されにくいので、
それが要因となりより安定しているというイメージが定着しています。

また事務仕事であるため、女性でも働けるという点が人気の理由にもなっています。

医療事務の求人を出している病院やクリニックなどは多岐に渡り、
大きなところだと大学病院があったり、
その他にも総合病院での勤務や
開業医が運営しているクリニックや医院での勤務となります。

医療事務の収入は?

さて、この仕事で得られる収入ですが、
正直なところを言うと、勤める病院によって変化してくると言わざるを得ません。
ですが、中でも収入が一番安定していると思われるのが大学病院です。

月収に関してはどこで働いたとしても同じようなものですが、
大学病院の場合はボーナスが出やすい傾向にあり、
その分年収の単位で見ると安定しているのです。

一般的な相場としては、
平均年収が300万円から400万円程度と言われていますが、
これは地域によって大きく異なりますのであまりあてにしない方が良いかもしれません。

特長としては、都心部にある病院やクリニックなどでの
勤務となると収入が高くなるという傾向があり、
その逆に地方に行けば収入が低くなっているという点が挙げられます。

また、現在ではボーナスが支払われないという病院も多くなってきていますので、
医療事務の仕事をしたいという場合には、
ボーナスの制度があるかどうかを調べておくと良いかもしれません。

医療事務の仕事内容としては、
受付や会計を済ませる業務に加え、
カルテの管理も仕事となります。

また、それぞれの患者一人に対する請求額をまとめて計算するという
業務をしなければならない場合もあります。

勤務地にもよりますが、
平均的な月収としては15万円から20万円程度の業界です。

大学病院などの大きな医療機関での勤務となっても同程度ですが、
ボーナスの制度があることが多いのに加え、
責任者になれば若干収入が多くなることもあります。

景気に左右されにくいことが医療関係の大きな特徴ですが、
現在の日本は高齢化が進んでおりますので、
これからの需要は若干伸びる傾向にあると思われます。

医療事務の仕事を募集しているのは病院だけではなく、
その他にも介護施設からの需要もありますので、
この仕事に就いていればとりあえずは安定していると言えるでしょう。

最後に休日に関してですが、これについても勤め先によって大きく異なってきます。

土日休みの場所もあれば、シフト制にしている場所もあったり、
祝日にも勤務しなければならないという場所もあったりしますので、
その点は個人個人で納得できるような職場を探すことをお勧めします。

Posted by GRiry7uk