お給料は安いけど、医療事務は働きやすいです

医療事務の画像

安定したお仕事

職種によって、給料は変わってくるのが、一般的です。
資格の有無や、資格の取得が困難な資格ほど高単価の給料を得ることが出来ます。

医療現場というよりは、全体の職業の中でも医師というのは、
六年間大学で学ばないと受験資格すら得ることの出来ない資格であり、
その後国家資格である医師の免許を取得し、
医師として働く場合、世間一般に高給料の職種です。

そして同じく医療現場では、看護師をはじめとする、
臨床技師、レントゲン技師などさまざまな職種があり、
医療関係で、事務の仕事をするのが、医療事務の仕事です。

お給料は安いけど、医療事務は働きやすいです。
どこの医療機関で勤めていても、休みの日が定期的に決まっており、
診察時間も決まっているために、仕事の開始時間と終了時間が明確化されているために、
アフターファイブなどの時間の組み方にも、重宝します。

勤怠管理システム等で確認しても残業時間が発生しないように
業務量を調整するクリニックもあります。
そのため、医療事務はプライベートの時間を優遇するのにとても向いていると言えます。

プライベートもバッチリ

楽しく仕事をすることも大切ですが、生きる上で大切なことは、
プライベート、自分の時間をもち、
楽しく自由に過ごす時間があることが、仕事の能率も上がる秘訣です。

お給料は安いけど、医療事務は働きやすいです。
残業などがほとんどなく、一定の給料を得る場合がほとんどですが、
医療現場は、患者の方が快適でいられるよう、冷暖房完備されているので、
仕事をするうえでとても快適な職場です。暑い灼熱の太陽が降り注ぐ中、
熱中症の心配もなく、真冬の寒空の中、凍傷、しもやけの心配もなく、
常に快適な温度環境で仕事出来るのが良いです。

また命を預かるような現場ですが、直接かかわることはないのが、
医療事務なので、その点では気楽になります。

もちろん仕事する上では、診療点数の数え間違い、
事務処理の間違えなどがないよう、緊張感をもって、
仕事に没頭するのが常識ですが、命を預かるような現場で、
命に直接かかわらなくて良いというのは、精神的にとても気が楽です。

だからこそ、お給料は安いけど、医療事務は働きやすいです。

Posted by GRiry7uk