医療事務はレセプト以外は落ち着いて楽しく働ける

元気な画像

志望動機について

医療事務の仕事の求人は、病院の普及の増加に伴って、
増加傾向にあります。医療系の仕事の中でも、
資格を要せずに誰もが働く事の出来る仕事なので、
やりたい気持ちがあれば、応募する事が出来ます。

実際、私も医療事務の資格を持たずに応募し、合格しました。

ずっと医療に関わる仕事をしたいという思いもありましたし、
医療事務の仕事内容がとても興味深かったのが、応募した動機です。

貴重な経験が楽しい毎日

そして、実際勤めてみると、毎日がとても楽しく、
そしてとても勉強になることが多くて、充実した毎日を送っていました。

例えば、レセコンという医療機関で使用するコンピューターの操作は、
普通のコンピューターと違い、点数で計算を行ったり、
様々な保険証や医療証によって負担額を区分し、
それに見合った額を医療費として患者さんに請求したりと、
普通の事務仕事では経験出来ないような仕事をする事が出来ます。

初診である患者さんのカルテを入力したり、
保険証を確認して変更や有効期限切れがないか等
細かくレセコンを使いながらチェックするのも仕事内容の一つです。

そのうち、患者さんとも顔見知りになり、お話をしたり、
要望を聞いたりと一日一日が毎日違い、とても楽しいものでした。

大変な仕事も慣れたら平気

医療事務の仕事の中で、最も大変な仕事は、
毎月月末に行うレセプトです。

このレセプトは診療報酬を各保険者に請求する仕事です。
一見、これだけを聞くと簡単なように思われがちですが、
エラー等が出るとかなりの時間と労力がかかり、
時間がないと焦る事もあります。

例えば、ある患者さんのカルテに、検査と処方内容の記載がされているとします。

そこには、医師の診断名が記載されていないと、
その項目は成り立たなくなるため、医師に診断名を加えてもらい、
再度発行し直すといったような事を行います。

一つ二つのエラーではまだしも、たくさん出てくると、
何の知識もなかった新人の頃はかなり焦ったものです。

後は、今月以前に送ったレセプトの返戻があれば、
それを確認し直し、今月分と一緒に請求します。

レセプトの作業はとても大変ですが、
慣れてくると落ち着いて処理する事が出来るようになります。

しかし、このレセプト作業以外の毎日の業務は、楽しいものです。
患者さんや病院の情報を扱っている事や、保険証等の確認等、
真剣に、そして慎重に行わなければいけない仕事ですが、
落ち着いてやれば、楽しく働くことが出来ます。

やりがいがあり、楽しく生き生きと働ける仕事をお探しの方には、
医療事務の仕事をお薦めします。

Posted by GRiry7uk