医療事務管理士検定

重要な医療事務管理士

数ある医療事務の資格の中でも、
技能認定振興協会が行っているのが、
医療事務管理士検定こと、医療事務管理士技能認定試験です。

合格すると医療事務管理士という称号が付与されるわけですが、
商標登録が済んでおり認知度は年々上がってきているといっていいでしょう。

人数的にもかなり多く、
14万人を超える人数が有資格者として活躍しています。

医療事務といえば、
何ら資格要件を必要としない仕事であるため、
どうしても地位は高くありませんでした。

しかし、医療という現場においても、
経営という面においても重要な仕事であり、
活躍の度合いは増すばかりです。

そこで、地位向上を狙って行われている資格になっているのです。

誰でも受験することができる医療事務管理士検定

地位向上といった面からも、
基礎能力の向上といったことが重要です。
そこで、受験資格が存在しないところも、
大きな特徴であるといっていいでしょう。

だからと言って難易度が極端に低いような、
名前だけの資格試験とは違います。
初学でも取り組みやすくするような配慮は行われていますが、
幅広い知識が求められるようになっています。

勉強時間としては、
あまり長時間かけずにでも合格までたどり着ける試験です。

その理由として、テキストやノートの持ち込みが許可されており、
しっかりとした勉強をしていくことで合格できるようになっているのです。

そこでカギとなっていくのは、
ノートの知識だけでは補えない実技の部分でしょう。
レセプトの点検と作成が出てくるため、
何度も対策を繰り返して自分のものにしておく必要があります。

できるだけ多くの数をこなすことができれば、
それだけ合格に近づいていくことができるのです。

合格率から見る医療事務管理士検定

知識の底上げができる医療事務管理士検定ですが、
合格率は約50%程度あります。

つまり、受験者の半分程度は合格できるため、
そこまでの難易度があるわけではないと考えられますが、
持ち込み可能であっても半数は落ちている事実を忘れてはいけません。

安易な知識だけに頼っていては、
合格することは難しいといえるでしょう。

医療事務管理士検定の知名度と価値は

名前も浸透してきている医療事務管理士検定の知名度は、
医療機関でも年々高まってきています。

医療事務として最低限度の知識を身につけることが
できているということだけではなく、
幅広い対応が期待できるという面があるでしょう。

レセプトの点検作成に関しても、
実技試験をクリアしてきていることになるため、
それだけの知識経験があると認めてもらうことができます。

初学であったり、未経験者であっても、
医療事務管理士検定を持っているというだけで、
全く違った評価をされる資格でもあるのです

Posted by GRiry7uk