保健請求事務技能検定

歴史の深い保健請求事務技能検定

医療事務にかかわる資格の中でも
日本医療事務協会が主催している試験で、
30年以上の歴史を持っているのが、保健請求事務技能検定です。

多くの医療事務口座でも目指されている資格の一つで、
それだけ重要視されているといえるでしょう。

多くの合格者を出してきている検定で、
1万4千人を超えるといわれています。

医療事務の仕事の中でも、
保険請求に対する知識を問う資格で、
レセプト業務に対して大きなアドバンテージになるようになっているのです。

認知度ということを考えてみても、
医療事務の資格の中でもかなり高い部類で、
持っていることで高い評価をされます。

レセプトということを考えていくと、
医療機関にとってなくてはならない作業です。

医療事務にとって中心的な仕事でもあるといえますが、
診療報酬の保険請求ができなければ経営は成り立っていかないといえます。

そのため、医療事務を目指していく人や、
現在でも従事している人にとって、
大きな意味を持つ資格となるのです。

保健請求事務技能検定の試験内容

資格試験の内容としては、
診療報酬や医療保険制度に関する知識が中心となっていきます。

請求の根幹ともなる部分ですから、
重要度が最も高い部分であるといえるでしょう。

これらは学科知識だけではなく、
レセプト作成の実技試験にも重要となってきます。

学科に関しては、診療報酬などだけではなく、
薬価や材料の基本知識が問われてきます。

医療用語に関する問題も出題されるため、
基礎的な学力もなければいけません。

これらは実際に医療事務に従事することを想定しているため、
必要な基礎知識は全て出題されると考えていいでしょう。

保健請求事務技能検定を受験するための基準は

保健請求事務技能検定は、
一般的な医療事務の資格試験に比べて、
受験資格の縛りが厳しい試験でもあります。

受験資格として、
日本医療事務協会が認定する医療事務講座を修了していることや、
医療事務を先行していると認められる大学、
専門学校、職業訓練校の生徒が対象となるのです。

認知度が高い分だけ、要件も厳しいといっていいでしょう。

保健請求事務技能検定が高い合格率の訳

合格率を見ていくと、約70%という数値が出てきます。
一般的な医療事務資格試験の合格率だけではなく、
資格試験としてもかなり高い合格率であるといえるでしょう。

しかし、これが難易度に直結しているわけではありません。

受験資格を考えてみても、
専門の教育を受けてこなければ受験することができません。
大学や専門学校のみならず、
専門の医療事務講座を修了した人となれば、
かなりの教育を積んできているといえます。

そういった属性であっても、
70%しか合格できないという見方もできるため、
レベルは決して低い試験ではないのです。

Posted by GRiry7uk