医療秘書技能認定試験

十字の画像

医療秘書技能認定試験とは

病院や医療関係の企業などにおいて、
重要な役割を担っているのが医療秘書。

任される仕事の幅は広く、院長や医師、
看護師や医療スタッフのどのスケジュール管理や病院への来客や患者さまの応対、
医療事務業務など実に様々な業務をこなしています。

スタッフ同士のコミュニケーターとして、
病院内の業務がスムーズに運ぶように勤めるなど、
とても責任ある立場と言えるでしょう。

秘書の知識はもちろんのこと、
医療事務や医療の高い知識も欠かせません。

接遇マナーに始まり、内科学や薬学などの医療の知識、
さらには医療事務の診療報酬請求事務の知識も必要です。

医師や看護師などが日ごろ使っている、
専門用語の理解も重要。そんな医療秘書を目指すうえで大切になってくるのが、
医療秘書の資格を取得するための「医療秘書技能認定試験」です。

医療秘書として必要な知識と、技能をどの程度取得しているかの目安になります。
この試験や資格を通して、
医療の知識と秘書の知識がバランスよく学ぶことができるでしょう。

試験内容と合格率について

医療秘書技能認定試験は、試験を主催する一部の団体によっては、
受験資格の決まりがあることあります。
ただし、特に受験資格を設けていないものも少なくありません。

試験内容は三つに大別することができます。

一つ目は、医療秘書実務や医療機関組織・運営、
医療機関法規。医療秘書として高度な専門知識があるか、
情報能力や知識のもとで文書処理ができ、
各届出や報告書を作成できるかなどの秘書としての知識です。

さらに、病院という組織の理解や医療関連法の知識も問われます。

二つ目は、医学的基礎知識と医療関連知識。
人体の解剖や生理、医学や医療用語の幅広い知識、
看護学や薬学の理解です。

三つ目は、医療事務の知識。保険の知識や診療報酬点数の知識、
さらに、レセプトの内容を理解でき、作成できるかなどが求められます。

合格するには、三つの分野で全て60点以上が条件。
1級と準1級、2級と3級とありますが、3級は70%、
2級は45%前後と難しい分野にも関わらず、合格率は安定しています。

ある程度医療事務の知識があれば、特に苦労せず取得することができるでしょう。
参考:医療秘書技能認定試験

Posted by GRiry7uk