ケアクラーク技能認定試験

ケアクラーク技能認定試験について

ケアクラーク技能認定試験とは、
介護保険に関する事務の従事者として必要な社会福祉制度や
介護事務などに関する知識と技能レベルを評価、
認定する資格のことを言います。

そのため、将来的に介護事務で働くことを希望している方にとっては
メリットがある資格と言えるでしょう。

ケアークラーク技能認定資格がなくても介護事務の仕事をすることができます。

基本的に、介護事務で働く方は無資格での就業に何ら問題ありません。
したがって、働きながら介護保険制度について学ぶケースがほとんど。
つまり、実務を通して介護事務に慣れていきます。
事実、ケアクラーク技能認定資格がなくても働くことは可能です。

しかし、ケアクラーク技能認定資格のメリットは、
介護事務で働くために必要な介護保険制度の知識があるということです。
介護事務の現場で働くときには、仕事を早く覚えることができる、
あるいは、即戦力として期待できると採用面接時に判断されるケースも多いでしょう。

未経験者が介護事務の仕事で介護保険を学ぶと、
かなりの労力になることは言うまでもありません。

資格を所持していたほうが有利

介護保険制度は覚えることが多いですから、
介護事務で働く前にケアクラーク技能認定資格を持っていた方が、
働くときに仕事がスムーズに理解できるでしょう。

ケアクラーク技能認定試験の受験資格は問われていません。
そのため、学生の方が将来的に介護事務の仕事で働くことを希望していて、
ケアクラーク技能認定資格の習得を考えている方でも受験可能です。

また、学生の内からケアクラーク技能認定資格を有していた場合のメリットを考えてみましょう。
卒業後、就職希望者で介護事務の仕事を希望している方にとっては、
介護事務の就職が有利になります。

ケアクラーク技能認定資格は、
介護保険制度などの介護事務で働くために
必要な知識を有していることを認定している資格なのです。

そのため、介護事務の現場でも即戦力として期待されることは言うまでもありません。

ケアクラーク技能認定資格が役立つ就職先は、介護施設、
老人保健施設、病院、介護保険委託事業社などが挙げられます。

忙しい方がケアクラーク技能認定試験の勉強をする場合は、
通信講座で勉強をすることが出来ます。

自宅で勉強が出来て、自分のペースで勉強が出来るので忙しい方にはおすすめです。
参考:ケアクラーク技能認定試験

Posted by GRiry7uk