調剤薬局

調剤薬局の存在

医薬分業が進んできた昨今、
街中でも調剤薬局を見かける機会が増えてきました。
ここでも医療事務の仕事があるわけですが、
病院内と病院外では少々異なる事情もあったりします。

病院では、医療事務は事務系の仕事とともに、
医師や看護師のサポートが重要な意味を持ちました。
しかし、医薬分業の結果、
独立していった調剤薬局には医師はおりません。

そこで、事務の仕事を行いながら、
サポートの対象は薬剤師へと変化していったのです。

調剤薬局での医療事務の役割は

調剤薬局での医療事務の仕事は、
診療所などとは違った意味で多岐にわたります。

受付業務は変わりませんが、
初診や再来といったことよりも、
処方箋の受け取りや薬歴簿の作成が重要となります。
その上で、保険証の確認を行っていくことになるのです。

受け取った処方箋は、薬剤師へと回すことになります。
処方箋自体もコンピューターに入力を行っていくことになりますが、
素早く行っていかなければいけません。

この時に作成していくのが、
調剤録になるわけですが、
薬剤師法によって調剤済とならなかった場合、
その日から3年間は保存することが義務付けられています。

そのため、管理業務も重要な意味を持つといっていいでしょう。

経営をスムーズにさせていくためには、
薬品の価格といったデータの管理も必要となってきます。

細かなことではありますが、
医療事務の処理能力いかんによって、
経営が大きく変化する部分であるといっていいでしょう。

調剤報酬の計算も医療事務の重要な仕事

処方箋の内容に従って、
会計業務を進めていくのも医療事務の大切な役割です。
病院や診療所の診療報酬とは違い、調剤報酬となっていきます。

この算定を行うことで、
自己負担額が判明し、清算することができるようになるのです。

レセプト業務も重要です。
日常業務とは、別のタイムスケジュールで動きます。

毎月10日には前月分を請求することになるため、
忙しい時期は月末から月初にかけての時間になるのは、
病院や診療所と同じです。

調剤薬局での仕事は一般企業の事務にも近い

幅広い仕事を行っていくことになりますが、
調剤薬局では一般企業の事務の仕事にも近いといえます。

会計や情報の収集整理が中心となり、
それに合わせてレセプトの仕事が付いてくるといった業務内容を持つからです。

調剤という限定された仕事の中での業務ということも、
大きな意味を持っています。

このあたりが病院内にある薬局での医療事務の仕事との
大きな違いになってくるといえるでしょう。

調剤薬局事務といった資格があると、
その中でも仕事の幅が広がっていくといえます。

ですが、そういった資格を持っていないからといって
つけない仕事ではありません。

経験という面も大切にはなってきますが、
通常の医療事務の知識があればできない仕事ではないのです。

Posted by GRiry7uk