診療所

診療所の勤務

医療事務の仕事場として、
病院に次ぐのが診療所での勤務でしょう。
病院とはちがい、別途数が19床以下の医療機関を指します。

そのため、規模としてはかなり小規模となっていくため、
医療事務としては病院とは違った働き方が求められていくのです。

病院との大きな違いといえば、その人員の数でしょう。
規模が小さくなっていく分だけ、医療事務に裂ける人数も下がります。

多くの診療所では、1人から2人で仕事をこなしているのです。
その分だけ、仕事は多岐にわたり、オールラウンダーが必要となってくるのです。

診療所での仕事の内容とは

診療所での仕事の内容を考えていくと、受付業務から始まります。
病院ほどは多くの患者さんがくるわけではありませんが、
それでも多くの仕事が待っています。

初診対応も必要ですし、
再来対応も機械が導入されているケースはまれな為、行っていかなければいけません。
病状の確認も大事な仕事で、受付と同時にこなしていく必要があるでしょう。

その後、カルテを出して医師に渡せるようにしていきます。
診療所での診察を潤滑に回していくためには、
迅速に対応していかなければいけない仕事の一つでしょう。

診療後には、会計の仕事があります。
病院同様に会計はボトルネックになりやすい部分で、一番混雑していきます。

外側から見た医療事務の仕事の評価として、
どれだけ迅速にこなしているかということがあるでしょう。

それだけ見られている部分でもあるため、正確性と迅速性の両面が求められます。
どちらが欠けても、診療所としてはマイナスです。

レセプトも行っていかなければいけません。
こちらは患者からは見えない仕事ですが、診療所経営には欠かすことができません。
正確性も重要ですが、パソコンに対する能力が問われますし、
書類に対する処理能力も大切です。

医療事務の仕事だけにとどまらない診療所での仕事

介護に対する補助や介添えも大切な仕事です。
注射などをすることはできませんが、
腕を抑えてあげることも大切ですし、
小児科ではおむつの替えの手伝いなども出てきます。

看護助手といったイメージで考えていくといいでしょう。
掃除や洗い物も大事な部分です。
病院とは清潔になっていることが大切ですが、
医師や看護師は診療で手いっぱいになることがほとんどです。

そこで手が空いている時間があれば、
掃除していくことも大切ですし、洗いものもしなければいけません。

電話対応も行うことから、医師の秘書的な役割も担うことがあります。

病院では専属のスタッフが付きますが、
診療所ではそういった人もいないことがほとんどです。
そこで、スケジュールだけでも管理することは珍しくないのです。

何でも行っていかなければいけないのが、
診療所での医療事務の役割です。
大変な仕事になってしまうという面もありますが、
それだけに短時間で多くの知識が身についていきます。

環境としても配慮されていることが多いため、
アットホームな中で働きたいと思うのであれば向いている場所でもあるでしょう。

Posted by GRiry7uk