介護施設

医療事務の強み

一般的な企業においても事務の仕事が必要となるように、
医療機関にも事務の仕事が必要となります。

医療事務の仕事内容は、カルテの管理と受付、
会計になりますが、これは一般企業でたとえるのならば
経理や総務のような仕事と言えるでしょう。

医師や看護師、放射線技師、理学療法士、
作業療法士などに囲まれて仕事をすることになる医療事務ですが、
この仕事に関して言えば、別に資格を取得していなくても仕事をすることは許されています。

勿論経験者を優遇して採用することになりますので、
医療事務の資格を持っていればそれに越したことはありませんが、
中には仕事をしながら資格を取得しようという方もいらっしゃいます。

医療事務の仕事を経験したことがある人は、
再就職を目指す際に強いという特徴を持っています。

医療事務と同じような仕事が必要とされる現場は、
病院や開業医の他にも、歯科医院や調剤薬局、
介護施設などもありますので、
出産や子育てによって一線を退いた後にも再び就職しやすいのです。

特に最近では介護施設も増えてきていることから、
需要は更に拡大していると言えるでしょう。

医療事務と介護事務の違い

しかし、介護施設で働く場合には、
医療事務と介護事務の違いに少し戸惑う可能性もありますので、
その点だけは注意しなければなりません。

介護のサービスを提供した時に得られる報酬は、
利用者から100%回収するわけではなく、利用者本人からは10%を、
残りの90%は国や地方自治体から回収することになります。

そのため、医療事務とは少し違った請求をしなければなりません。

現在では介護事務の資格も登場していますが、
利用者を直接的に介護するわけではありませんので、
医療事務の仕事ができるのならば充分に対応することが可能です。

また介護事務の仕事も医療事務と同様、
資格を持っていなければしてはならないという法律はありませんので、
基本的には無資格でも雇ってもらえる可能性が高いです。

このように、医療事務の知識や実務をこなせることは、
就職にとても役に立ちます。

また、介護施設での仕事の場合は医療事務の仕事と比較して、
少し幅が広くなってしまう点も注意しなければなりません。

医療事務の場合には、受付と点数計算、会計、
そしてカルテの管理が主な仕事となります。

介護事務の仕事の場合には、お客様にお茶を出したり、
館内で行われることになるレクリエーションや催し事の
準備を手伝ったりすることも仕事の一部になります。

そのため、完全に事務仕事だけをしていれば良いというわけではなく、
雑務もこなさなければなりませんので、
その分負担がかかる可能性があります。

この他にも、お年寄りの面倒を少し見てあげなければならないケースもあったり、
ご家族の方々への対応もしなければなりませんので、
基本的には人を相手にする仕事だという認識を持たなければなりません。

Posted by GRiry7uk