検診センター

検診センターの仕事ってどんな仕事

検診センターでは人間ドッグや生活習慣病についての予防検診、その他、特定健診、指導などが行われています。
企業等施設で行う検診の場合、健康診断等を行う事が多いのですが、その他、クリニック等医療機関に出向いて行う検診には、PET検診や人間ドッグ等があります。

通常、企業が受ける健康診断では、身長体重を測定、視力・聴力検査、さらに胸部X線、血圧や尿の検査、血液検査、心電図、医師の問診などがあります。
検診センターで働く看護師はこうした検査を行う、若しくはサポート業務を行います。

検診センターで働く看護師になるためには

看護師として検診センターで働く場合、決められた時間内で丁寧に尚且つ、正確な検査が求められます。
採血など看護師として基本的技術を使う事もあり、さまざまな検査で活用する検査についての技術等、しっかり身に着けておくことが重要です。

検診は流れの中で行われていて、最初に身長体重をはかり、血圧、尿検査、さらに胸部X線を受けて血液の採取、心電図・・・といった具合に、順番に次々とこなしていくことが必要です。
担当している検査を正確に早くこなせることが大切なのです。

検診センターで行われる主な検査

人間ドックは脳ドッグなど細分化されていることもあるようなのですが、体の中で重要とされる部分の検査をほぼ、すべて行う1泊2日などの人間ドッグもあります。
また女性の病気等に特化したレディースドックなどもありますので、どのような検査を受けたいのか?によって、受けるドッグを変える事が出来るのです。

通常、企業が行う検診は保険適用となる事が多いですし、企業負担で行う事も多いので、それほど金額がかかると感じませんが、人間ドッグは実費となりますので受ける方はそれなりの金額を支払って受けています。

医療分野の仕事になるとはいえ、検診を受ける方について丁寧に対応するサービス業的な面も持っています。
病院やクリニックなどと同じ医療の関係の仕事でも、検診というのはちょっと毛色が違うと考える事が必要なのです。

検診が病気の発見などにつながる

検診を受ける事で病気をみつける事が出来るかもしれないし、何か病気になる前の未病状態な病変をみつけることもあります。
そのため、検診というのは人によって命をつなぐ、命を継続するきっかけとなる事もあります。

健康な人が健康な状態を知る事もありますが、健康だと思っていた人が何かの異変を知る事になる可能性もあるので、検診に係わる看護師は丁寧な仕事をすることが大切な要素となります。

看護師の基本的な技術を利用する検査が多いという事でスキルアップという面では足りない感覚がありますが、人の病気を予防する大切な役割を持っている仕事として、責任とサービス精神をしっかり持って検診を行ってほしいと思います。

Posted by GRiry7uk