病院

病院という職場

医療事務の職場として、
真っ先に出てくるのは病院でしょう。

規模によっても違いがありますし、
診療科によっても仕事の内容が異なる場合がありますが、
規模が大きくなればなるほど仕事は細分化されていることは間違いありません。

規模が大きくなれば、分業化も進めることができ、
さらに細分化することができるためです。

それだけに、専門の経験が問われますし、
生かすことができる職場であるともいえるでしょう。

窓口関係の医療事務の仕事

病院での医療事務の仕事として、受付業務があります。

総合案内のように、
病院内の道案内のような役割もありますし、
初診時に関しての診察券の発行や、
カルテの作成、情報入力も重要な仕事です。

再来受付も以前は重要な仕事でしたが、
規模が大きくなると自動受付機を置いているため簡略化されていく傾向にあります。

会計業務は、医療事務として最も顧客対応力が求められる部分でしょう。
正確な対応をすることはもちろん、迅速に診療費の清算を行うことが求められます。

病院内でもボトルネックになりやすい部分で、最も込み合ってしまう場所でもあります。
それだけに、高い対応力が必要とされていくのです。

請求業務は、医療事務として最も外せない仕事です。
レセプト業務になりますが、
保険者の患者負担分以外の保険診療費を請求するのが仕事です。

支払い審査機関に対して、
毎月10日までに前月分を提出することが求められます。
こういった性格上、月末から月初にかけてとても忙しく、
猫の手も借りたいとまで言われるのです。

仕事量にばらつきがあるのも、特徴であるといえるでしょう。

病院内でのサポート業務も重要な仕事

医療事務といっても、事務所や窓口勤務だけが仕事ではありません。
病院内には様々な仕事が存在し、
医療事務が必要とされるところは多岐にわたっていきます。

病棟クラークもそんな仕事の一つであるといえるでしょう。
ナースステーションに詰めて、
看護師を事務的な面からサポートするのが仕事です。

カルテの整理から始まり、ナースコールの対応や、
医薬品や診療材料の管理発注のような仕事まで出てきます。

病院内での連絡役やパイプ役となっていくため、
様々な事態に対して冷静に対処できるだけの精神力も必要となる仕事です。

医師や看護師の秘書業務も、医療事務の仕事の一つといえます。
医師は日常業務だけでも非常に多岐にわたるため、
秘書業務はなくてはならないものです。

スケジュール管理だけではなく、
電話対応もしなければいけませんし、
お茶くみといった細かなケアまで必要となっていきます。

秘書としての能力が非常に問われる部分でもありますので、
秘書検定や医療秘書技能検定試験といった資格も考えておくといいでしょう。

Posted by GRiry7uk