薬剤師の仕事内容とは

お仕事の流れ

薬剤師といいますと、一番身近な存在として思い浮かぶのは、
調剤薬局にいる薬剤師です。

病院に行った後、処方箋を渡されますので、
その紙を持って好きな調剤薬局に行き、薬を処方してもらいます。

この際、薬剤師は次のような仕事をしています。
まず処方箋をチェックします。

これは、病院では電子カルテを採用するところが増えていますので、
以前の手書きの処方箋に比べて見やすくなっていますが、
入力ミスも考えられますので、
容量や単位が合っているかなどを確認します。

手書きの処方箋の場合、判読不能な場合がありますので、
もし不明な点があれば、処方箋を発行した病院に問い合わせます。

次に、現在の処方薬は、先発品と後発品がありまして、
処方箋上では医師の指定が無い限り、
後発品に替えても良いことになっていますので、
その辺をチェックしていきます。

後発品に替えても良いとはいえ、
調剤薬局の品ぞろえにも限界がありますので、
あるものだけになりますが、
これを後発品に替えても良いか、患者さん本人にも確認します。

それから調剤作業に入ります。

注意点について

調剤作業では、高齢者の方の薬などの場合、
錠剤を粉状に潰すよう、指定が入っていることがあります。

また、飲み忘れの多い方用には、
いくつかの錠剤を一回分ずつ一袋に入れるという、
一包化という作業が入ってきます。

このような作業が入りますと、手順が煩雑になり、
ミスが起こりやすくなりますので、一段と注意が必要です。

処方が終わりましたら、処方箋と合わせてミスがないか確認します。

これを、また違うもう一人の薬剤師がダブルチェックします。
こうして準備したお薬は、患者さんに渡す際に、
もう一度読み上げながら確認します。

ここで患者さんが医師側から説明されたことと違う、
などの疑問があれば、医師側に問い合わせることになります。

また、特殊な薬の使い方、飲み合わせの注意などもここで説明していきます。

このような一連の作業のなかで、処方ミスの無いよう、
何重にもチェックをしながらお薬を準備し、
安全に正しくお薬を使ってもらうようにするのが、薬剤師の仕事です。

Posted by GRiry7uk