移植コーディネーターの仕事内容とは

日本における移植はまだまだ少ない

移植には臓器移植のほかに、組織移植、骨髄移植等様々な移植があります。
生体移植などもみなさんニュースなどで聞いたことがあるかと思いますが、移植は日本の中でまだまだ少なく、どのような種類がありどのような事が必要になるのか、認識も薄いといわれています。

その中にあり、移植コーディネーターという仕事はドナー「提供者」とレシピエント「移植者」を調整するという重要な仕事を行っています。
臓器移植の移植コーディネーターの場合、ドナーに対する評価、家族に説明し承諾を貰う事、承諾書の作成、さらにドナーの管理や計画、臓器運搬等多岐にわたります。

公益社団法人日本臓器移植ネットワークに所属している移植コーディネーターと、日本臓器ネットワークから委託を受けた形で仕事を行う都道府県コーディネーターが存在しています。
しかし、人数は少なく現段階でも人材が求められている状態です。

移植コーディネーターの仕事はどのような内容?

臓器などを提供してくれるドナーと移植をしてくれるレシピエントの調整を行うというのが、この移植コーディネーターの主な仕事ですが、その他にも提供が決まれば様々な業務を行う事になります。

臓器移植を行う場合、1件の移植について10-名のコーディネーターが関わります。
ドナーについてはドナーコーディネーターとしてドナーの評価を行ったり、ご家族に臓器提供のお話をする、またドナーを管理し、臓器提供計画を立てる、最終的には移植に立ち会い、ご家族へ報告するといった業務もあります。

移植医師、看護師が兼任することになるレシピエントコーディネーターという仕事もあり、この場合、移植についての登録や移植を希望される方の医師決定の支援を行う、また準備や立会、移植臓器機能についての把握が必要になる等、こちらも医療知識と深い移植に関する知識が求められます。

移植コーディネーターを目指す

移植コーディネーターには2種類あり、日本臓器移植ネットワークに所属するコーディネーター、さらに日本臓器移植ネットワークから委託を受ける都道府県コーディネーターがいます。

いずれも、研修やセミナー、認定試験などを受ける事が必要となりますし、応募する資格についても、医療国家資格保有者、また大学を卒業しているもので医療福祉分野である臨床心理士や社会福祉士などの実務経験が必要となります。

人の命同士をつなげるともいえる非常に難しい仕事です。
ドナー、またそのご家族の意思、感情などを組み、それでも臓器移植等の必要性を伝えながら移植をコーディネートしていく必要があるので、コミュニケーション能力、医療知識なども必要な非常に深い仕事となります。

Posted by GRiry7uk