スポーツドクターの仕事内容とは

医療はより専門分野に分かれてきている

医療分野は近年、より細分化されています。
整形外科であっても、
そこからさらに専門性を加えてスポーツに関連する科が設けられ、
内科にしても大きな病院へ行けば様々な専門分野に分かれています。

中でも最近注目されているのがスポーツドクターの存在です。

スポーツ選手の繊細な筋肉が故障した時、
あるいは怪我をしてしまった時に治療に当たり、
日々の健康管理などを行う専門分野です。

医師免許を所持している医師が、
特にスポーツの分野に特化した健康管理の専門知識、
栄養学や、外傷についての細かな診断、治療、施術などを行います。

通常の医師が怪我をされた方を治療する時、まずは完治を考えて治療します。
スポーツドクターの場合、スポーツ選手がその後、
競技を継続していく中で、
完治よりも先に今後の協議に支障が出ない治療方法を優先することがあります。

もちろんスポーツ選手が目指す大会が近いという場合、
出来る限り出場できるようにという治療も行いますし、
なぜ怪我に至ったのか・・・という原因究明もスポーツドクターの仕事です。

スポーツ選手がその競技においてどの筋肉をどのように動かすのか、
どの筋肉や骨、筋に負荷が最もかかるのかといった知識を持ち、
怪我をさせない管理を行うのも一流のスポーツドクターの役割です。

医師免許はもちろん必須、プラス認定を受ける事が必要

当然のことながら怪我、症状の治療を行うのですから、医師免許が必要です。

医師免許を持っているうえで、
日本体育協会が行っているスポーツドクター講習会を受け、
その後認定されるというのが一般的なスポーツドクターへの道です。

この他、日本医師会認定、
さらに日本整形外科学会が認定しているスポーツドクターもいます。

この資格の取得、
認定は医師免許を取得し5年以上経過していること、
さらに「日本体育協会加盟団体からの推薦があること」が前提です。

スポーツドクターの中には実際に自分もスポーツに励んでいるという方が多く、
その経験がよりスポーツドクターとしての資質を向上させています。

自分がスポーツをしていく上でどのような筋肉が必要となり、
私生活の中で何を注意していけばいいのか、
こうしたことまでしっかりと考える事の出来るスポーツドクターは
多くの一流アスリートの力になっています。

3種類のスポーツドクター

スポーツドクターは3種類に分けることができます。
一つは日本医師会認定のスポーツドクターで、多くは開業医の先生です。

この場合、アスリートへの対応というよりも
健康スポーツに対するアドバイスを行うというイメージです。

例えば生活習慣病予防のために行うスポーツは何がオススメで、
どの程度行えばいいのか等、アドバイスを送っています。

次に日本整形外科学会認定のスポーツドクターです。
この場合、ほとんどが勤務医であり、
スポーツ選手が練習や試合の中で傷めた部分への治療がベースです。

バレーボールやサッカーなどで半月板損傷等の怪我を負った時、
治療にあたってもらう際、最適な医師といえます。

最後に日本体育協会認定のスポーツドクターです。
この場合、スポーツ選手、
アスリートが協議を行っている現場で競技者を診るドクターで、
オリンピックや世界大会等でドーピング検査にあたるのも、
こうした日本体育協会認定のスポーツドクターです。

Posted by GRiry7uk