歯科医師の仕事内容とは

虫歯の画像

身近な存在の歯科医師

私たちの身近な存在として、歯科医があります。
日常の健康のためには、歯の健康が大事なことです。
医科の医師よりも日常に近いところにいるともいえるでしょう。

歯科医師の仕事内容を考えていくと
、最も大事なこととして、患者の歯の健康を取り戻すということがあります。

歯の治療をすることも大切ですが、
口腔内疾患に関する予防も仕事として重要な意味を持ちます。

最近では、虫だけではなく、
歯周病といった歯茎に関する疾患の治療も重要です。

歯石の除去を通じて、歯の健康を守るとともに、
入れ歯や技師の作成も行っていきます。

親不知と抜歯も歯科医の大事な仕事といえるでしょう。

歯に関することだけではないのが歯科医の仕事

名前から歯に関することだけが仕事であると思われがちですが、
口腔内に関する病気全般を相談し治療することができます。

最近、かなり知名度が上がってきたこととして、顎関節症があります。

かみ合わせが悪くなるだけではなく、
時に激痛を伴う症状が特徴で、とてもつらさが伴います。

これも歯科医の仕事の領分であるといえます。
舌に関する病気も歯科医の範疇です。
舌癌の早期発見なども、
歯の治療とともに重要な役割を持っているといえるでしょう。

子供の歯に関しては、
成長に伴うあごの骨の形までチェックを入れていきます。

将来にかかわることにもつながるため、
積極的に歯科矯正を行っている歯科もあるほどなのです。

歯科医の新たな領分としてのインプラント

歯科医の仕事として、入れ歯や差し歯といったものによって、
失われた歯をカバーしたり補強したりする仕事があります。

しかし、そういった義歯を支えるためには歯が必要になったりします。
取り付けによって大きな違和感を覚えてしまうこともあるのです。

そこで、第3の歯と呼ばれているインプラントを埋め込む方法があるのです。

この場合には、歯をすべて失っていても、
自分の歯と変わらないように人工で作り上げることが可能です。

見た目にもわからないように作ることができるため、
注目は高まるばかりなのです。

高い軽能力も必要となる歯科医

歯科医のほとんどは個人で開業しているといえます。
大きな病院の中で行っている場合もありますが、
個人経営が主体である以上、
経営者としての能力もなければいけません。

ただ技術があるだけでは、
個人事業者として経営していくことができないため、
指導力はもちろんのこと、金銭管理能力やマネジメント能力も必要となります。

人材育成の能力や先見性も必要ですが、
歯科医としての魅力もなければ、
人は付いてきませんし患者数も維持することができないでしょう。

仕事をしているだけでは歯科医の経営はすることができません。
そのため、医療事務といった別の能力を持っている人間に
かかる期待と負担も少なくないといえるでしょう。

Posted by GRiry7uk