歯科技師とはどんな仕事なのか

歯科の画像

必要なのは根気

歯科技師とはどんな仕事なの?という疑問をお持ちかもしれませんが、
簡単に言うと歯医者さんから依頼があると歯のかぶせものを作成したり、
入歯とか矯正装置を作る方のことを指します。

歯科技工士と呼ばれる人の職場は歯科院内のこともありますが、
歯科技工所と呼ばれる場所になります。

歯科院内で歯石をとったり、
歯磨きなどの指導を行う歯科衛生士と仕事内容が異なります。

基本的に完全に裏方の仕事となりますから、
患者の口内を見ることはありません。
そこで問われるのは腕と根気となってきます。

仕事内容

まず患者の歯形の模型を取った石膏から歯肉と被せものの境目をはっきりさせ、
溶かしたワックスで形を形成してゆきます。

このワックスでの型ができあがったら埋没材という液体に浸して焼却し、
溶かした金属を流し込んで遠心分離器で圧をかけて
埋没材を掘り起こしてゆくと鋳造が完了です。

そこで患者かの歯形を咬合器に設置して模型に被せて噛み合わせ具合を見ます。
模型の歯形に被せ、隣の歯との隙間や被せる歯などに
適合するように削ったりして調整を行ってゆきます。

その後、研磨して作業が完了したものを歯科医院へ納品することで完了となります。

こうした手順ひとつを見ても地道に見えますが、
とても神経を尖らせていないと指示に合わないものを納品することになりかねず、
とても集中力を要する仕事といえます。

なんといっても直接に患者の口の中をじっくりと観察したりして作業するわけでなく、
渡された上下の歯形の石膏からできる限り適合するものを作るという能力が求められます。

こうして届けられたものが患者の口に装着されるわけですが、
作業ひとつをとってもなかなか細かく緻密さを必要とされてきます。

歯科技師になるためには…

ちなみに歯科技師になるためには構成労働省の国家資格試験に合格することが必須です。
受験資格は歯科技工士養成所指定規則もしくは
学校教育法に基づく学校の卒業が規則として決められています。

勉学に要する期間としては修業年限二年制、三年制、
三年制があり、各校様々な教育指導を行っています。

知識とそれに裏打ちされた職人的な技量が求められますが、
それも経験を積んでこそ取得できるものとなってきます。

Posted by GRiry7uk