向いている性格や能力

患者とのやり取りの画像

人と関わるお仕事

医療事務の資格を取って働く時に必要とされる能力は
どのようなものでしょうか。

医療事務を希望する方、
あるいは、採用する医療機関側にとって
医療事務に向いている性格や能力について知りたいのではないかと思います。

まず、医療事務の仕事は人と関わる仕事だと言えます。

まず、病院やクリニックには
身体の不自由な人や病気で体調の悪い人が来ることが多い場所です。

こういった場所に訪れる方の多くは早く帰ってゆっくりしたいと思っていますから、
受診の順番を待たされている為にイライラしてしまいがちになると思います。

このような状況の中でも、いかにこの来る人の気持ちにより添って
仕事を進めていくかが大事なことと言えるでしょう。

もちろん、手早くさっと仕事を進めるといったことも、
必要なスキルと言えるかもしれません。

しかし、相手の事を第一に考えて思いやりをもって接することが、
医療事務の仕事において必要な能力ではないでしょうか。患者さんがあっての仕事です。

相手の気持ちを考えて行動し実行に移せるような人が
性格的にもこの仕事に向いているのではないか思います。

実際に、職場に入った時に忙しさのあまりに大パニックになってしまい、
あたふたとして迷惑をかけてしまったという医療事務未経験者の方も少なくないようです。

そのような時にベテランの医療事務員の方を見ていると、
テキパキと業務をこなしているのですが、
患者さんが待っている時にも声をかけたり何か要望がないかなどを聞いたりと
本当に心配りができるという方もいらっしゃるようです。

本当にこの医療事務という仕事がピッタリだなと思うような方でした。

思いやりを持ち続けられる人

繰り返しになってしまいますが、
どんな状況でもテキパキと仕事をこなしつつも、
同時に患者さんの立場に立つという思いやりをもって接することが
必要なスキルということです。

これは能力だけでなく、性格が大きく関係している部分ではないかと思います。
医療事務の仕事というのはただ計算したり、
会計をしたりするだけの裏方の仕事ではありません。

ある意味では、まず最初に患者さんと接する病院やクリニックの顔となる存在。

やはり、誰でもそうだと思うのですが、
実際に病院や薬局に行き受付の段階で、
愛想が悪かったり感じが悪かったりする医療機関には
行きたくないと思ってしまうものでしょう。

自分が体調悪かったり・子供が体調悪かったりするときに
そんな態度を取られたら「もう絶対ここには来るものか」と思い、
今まで通っていた病院や薬局を変えるのではないかと思います。

当たり前のことのように思いますが、
病院に来られる患者さんの多くは何かしらの不安を持って来院される方がほとんどです。
たかが事務とは言え、
一番最初に患者さんと接する医療事務が笑顔で接してあげる事によって患者さんの緊張も和らぎ、
良い病院と思って頂けるきっかけにも繋がるのではないでしょうか?

Posted by GRiry7uk