作業療法士の仕事内容とは

骨折した少年の画像

作業療法士の役割

病気やけがによって、身体に障害を負ってしまうことがあります。

身体が一時的に不自由になることもありますし、
簡単に機能を取り戻せないような状態に陥ってしまうこともあるのです。

そんな時に、作業療法士が医師の指示の下でリハビリテーションを行っていきます。
日常生活をするために必要となる機能を高めたり、
能力を訓練したりすることが作業療法士の大きな仕事であるといえるのです。

作業療法士の仕事の内容とは

リハビリテーションというと、身体的なものが目立ちます。
作業療法士の場合には、主となるのは身体的なものになりますが、
精神的にも日常の生活に戻れるようにリハビリテーションを行っていくのです。

関節を動かしたり、筋肉を付けたりすることも重要なことではありますが、
日常生活を送っていけるような考え方を指導するのも大切な仕事なのです。

精神的なリハビリテーションは、気分を変えたりするだけではありません。
時には現状を正しく認識してもらい、
日常生活をどうやって取り戻すのか一緒に考えていくことも大切です。

こういったことは、マニュアル化できないような部分であり、
患者一人一人に合わせていかなければいけないため、
多くの知識や経験が問われる部分でもあるのです。

作業療法士とよく似ている理学療法士や言語聴覚士

リハビリテーションを行う国家資格として、理学療法士があります。
こちらは、運動能力を回復させたり、
物理的療法によって機能回復させたりしていきます。

身体の基本的な部分を狙っていくところが重要で、
動作の専門家ともいえるでしょう。
言語聴覚士は、その名の通り言語に関して機能回復を考えていきます。

作業療法士の場合には、日常生活を送ることを主としているため、
この二つの資格とは少し違います。

趣味を持ったり、仕事に復帰するためのサポートをしたりするため、
さらに細かなリハビリテーションと考えるといいでしょう。

応用動作ともいえますが、一人一人の趣味などを考慮しながら、
生活していくために大事な精神面までサポートしていくのです。

さらに細やかな配慮が必要となり
、細かに適した訓練を考えていくことになります。

趣味を多く持つことが作業療法士としての幅を広げる

日常の動作を訓練することが重要となる作業療法士ですから、
専門的な知識は確かに必要です。

しかし、それだけではなく、趣味を多く持つことで、
リハビリテーションとして行える動作が増えていきます。

絵画や陶芸でもいいでしょうし、編み物なども重要です。
幅広い趣味を持つことによって、仕事の幅は大きく変化していきます。

動作的に負担がかかるようなことでも、
それが過度でなければ問題がありません。

適度に肉体にストレスを与えていくことがリラックスするために重要で、
精神的なストレス解消にもつながっていきます。

作業療法士とは、
常に多くのことに対して興味を持つことが大切だといえるでしょう。
それだけ、患者との距離が近く、
日常を相談できる相手としても重要な存在ともなります。

業務としてだけ割り切っているようでは、
うまく勤まらない仕事でもあるのです。

Posted by GRiry7uk