臨床心理士の仕事内容とは

心の病気がかなり増えている

病気というと体のどこかが悪いと思うでしょうが、
病気というのは体だけではなく、心も関係しているのです。

最近はストレス社会と言われており、
仕事や人間関係などで悩む人が圧倒的に増え、
ストレスが原因で実際の病気になってしまう人もいます。

このような心の病気を治療する診療科も存在しているのですが、
それが精神科や心療内科などです。

しかし、医師や看護師というのは、
直接患者に対してカウンセリングを行うことはしないので、
このようなカウンセリングを行う専門職が必要になるのですが、
それが臨床心理士と呼ばれている職業です。

ストレスが溜まり、心の病気になってしまう人が増えていることで、
近年では臨床心理士の需要がかなり高くなっています。

どのような仕事をしているのか

臨床心理士は、ストレスなどが原因で心の病気になった人に
カウンセリングなどを行うのが主な仕事内容なのですが、
実際にはどのように行っているのでしょうか。

一般的には最初に面接を行い、患者の話を聞くところから始めます。

中には話ができないぐらい精神状態がおかしくなっている人もいるでしょうが、
このような場合には家族から話を聞くことになるでしょう。

話しを基にして、どのように解決していくべきなのかを検討し、
アドバイスを行うようになります。

場合によっては心理療法などを行う場合もありますし、
心理テストなどを実施することもあるのです。

しかし、本人に対してだけ対策を行っても効果は半減してしまうので、
勤務先や学校、家族などにも働きかけを行うようになります。

場合によっては援助が必要になることもあるので、
必要に応じて適切な対応を行うのが臨床心理士の仕事です。

さらにデータを取って分析し、
このような状態の患者に対しては、
このような方法が有効的などと言った調査や研究なども行わなければいけません。

このようにかなり難しい仕事内容になっているので、
そう簡単に就ける職業ではないのです。

資格が必要になる職業

医療関連の仕事を行う場合には、
大半は資格を取得しないと就くことができません。

臨床心理士も同様で、
日本臨床心理士資格認定協会と呼ばれている文部科学省認可の団体が指定する大学院で勉強し、
心理学の修士号を取得して初めて受験資格が得られるのです。

しかも指定されている学校は、
第一種と第二種に分けられているので、
より早く資格の取得を目指すためには、
第一種に指定されている学校へ行く必要があります。

もちろん入学するのがその分難しくなっているのはいうまでもありません。

試験内容は筆記試験と述試験になっていて、
双方とも合格点を取得することで、
診療心理士の資格を取得することができるのです。

資格を取得できれば、
臨床心理士としていろいろな場所で活躍できるでしょう。

Posted by GRiry7uk