理学療法士の仕事とは

リハビリ担当がお仕事

普段、健康に過ごしていれば、また風邪などの病気で病院に行っても、
関わることのない理学療法士は、まだまだ知られていません。

理学療法士とは怪我や病気によって自由に体が動かせない人や、
後遺症や障害である人、
これから症状が出てくるであろう人にリハビリをする医療従事者です。

特に軽い動きを練習したり、
温熱や電気によって症状を緩和したり、
予防する手法を使います。

その人の状態や患部の場所によって、プログラムを考え、
日常生活に必要な立つ、座る、歩く、
寝たり起きたりの動作を、一人でスムーズにできるように導きます。

それには、動作自体になれさせる、筋力増加、
関節の動きをよくする、痛みの軽減などをしていかなくてはなりません。

そのためには医師などとの連携も必要ですし、
患者の症状を的確に把握して置く必要もあります。

学ぶことは山ほどある

人間の体の仕組みから、病気の知識、
リハビリの知識に実技と、
身につけておかなかくてはならないことが多くあります。

理学療法士は国家資格です。
資格を取るためには、専門学校や短大、
大学に通った上で、資格試験に合格する必要があります。
就職先は多岐に渡ります。

病院では多彩な症状の患者と触れ合います。
整形外科では直接的に体にダメージを負った患者が多いので、
動きをなめらかにするリハビリとして重要な役割を担います。

医師の治療とセットで、リハビリも受けることも多いです。
また、他の科でも、運動機能に影響が出そうな場合は、
体を動かして回復や予防に努めます。

活躍の場は病院だけじゃない

また、病院内だけではありません。
病院に来れないような寝たきりや老人ホームの肩を訪問して、
定期的に体の機能をチェックします。

日常生活に支障が出ないように、
機能維持や回復のために指導します。

介護施設に勤めて、このようなリハビリによって、
豊かな老後をサポートする道もあります。

また、スポーツをする人は体を酷使しがちですから、
予防や痛めてしまった時のケアにも必要な存在です。
スポーツジムなどでも活躍できます。

Posted by GRiry7uk