登録販売者の仕事内容とは

法改正から生まれた新しい資格「登録販売者」

最近ドラッグストアなどに行くと登録販売者などの名札を付けている方を見かけます。
特定の医薬品を販売する場合に必要な「登録幅医者」という資格を取得していることを意味しています。

2009年に出来た新しい資格で薬事法改正によって誕生しました。
鎮痛剤、風邪薬などの一般用医薬品と呼ばれる市販薬について、販売するためには国家資格となる薬剤師の資格が必要でした。

しかしこの法改正によって登録販売者の資格を取得している人について、一般医薬品のうち、第2類と第3類を販売できるようになりました。
そのためドラッグストアや薬局などで薬剤師、若しくは登録販売者を常時配置しておくことが求められます。

薬剤師と同じような資格になるの?

薬剤師は病院で医師が出した処方箋に基づいて薬を調剤できますが、登録販売者はできません。
薬剤師の資格を保有している資格者だけが、医師の処方箋に沿ってお薬を調合し、患者さんにお薬の説明等行う事が出来ます。

また一般医薬品のうち、第2類と第3類については登録販売者が販売する事が出来ますが、第1類に分類されるお薬は薬剤師がいないと販売できません。
登録販売者の場合は、第2類と第3類、薬剤師は第1類、2類、3類、すべての一般用医薬品を販売できるという大きな違いがあります。

登録販売者として活躍できる場所は?

ドラッグストア、薬局など様々な場所で活躍できます。
最近は一般用医薬品もコンビニや家電量販店などで販売できるようになっているので、活躍の場が広がっているといえます。

主婦の方がドラッグストアなどにアルバイトで雇用され、その中で登録販売者を目指し勉強して取得されるという事も多くなっています。
この資格は一般用医薬品を販売している全国各地のお店等で活かすことができるので、取得しておくと便利な資格ともいえます。

登録販売者になるためには

都道府県で行っている登録販売者試験に合格し各都道府県に登録をする必要があります。
国家試験ではなく、各都道府県が行う公的資格となり、平成27年度以降は学歴、年齢制限などもなく誰でも受験できるようになっています。

但し、実際に仕事を行う際には、資格を持っていても実務経験がるかどうかなどによって制限もあります。
条件はそれほど厳しいものではありませんが、実務経験が必要となるものなのでしっかり覚えておきましょう。

第一種医薬品販売(第2類、第3類)に係わる登録販売者で過去5年のうち実務経験が通算して2年に満たない場合、薬剤師や実務経験2年以上の登録販売士のもとで管理や指導が必要となります。

登録販売者の試験は都道府県によって違いがあり、年1回という所もありますし2階という所もあります。
試験内容については各都道府県で差異がないように、厚生労働省発表のガイドラインに沿って作成されています。

Posted by GRiry7uk