オプトメトリストの仕事内容とは

ちょっと聞きなれない仕事「オプトメトリスト」とは

オプトメトリストという仕事を聞いたことがあるでしょうか。
医療関係者・眼鏡やコンタクトお店など以外、オプトメトリストという職業を知らないという人が多いのではないかと思いますが、この仕事は視るという事に問題を持っている患者さんについて、視力を向上させるためにサポートを行っていくという仕事です。

眼科医の場合、目の病気を治療する、薬を処方する、必要なときには疾患に対して手術を行うという仕事になりますが、オプトメトリストは、薬や治療を行うという事ではなく、独自のトレーニングを行う事で、目の訓練を行う、また生活の中で困らないようにアドバイスをおくるなどの仕事です。

オプトメトリストは医療機関やコンタクトレンズや眼鏡のお店などで働くことになりますが、残念ながら日本にはオプトメトリストが公的資格となっていないため、専門職として長い歴史を持っているアメリカで勉強してくるという方も多くなっています。

パソコンを使わない日はないというくらいに、仕事上、またプライベートで目を駆使する事が多くなっています。
スマホにしても利用する時間が長ければ長いほど、目にかかる負担が大きくなるので、サポートしていくという事が必要となります。

またスポーツ選手にとって視力は高い方が有利となる種目がほとんどなので、アスリートが視力強化にオプトメトリストを利用する、また後遺障害などをもっている方が視力を少しでも良くするようにとオプトメトリストから訓練を受けることもあります。

どのような仕事なのか

健康な目を持っていても例えば目隠しされたりすれば、文字を読むことも物の位置を確認することもできません。
目が健康かどうか検査を行ったり、治療したり、またお薬などを利用するという事ではなく、病気がないけれど資力に問題があるという方の味方になります。

ビジョンセラピー、ビジョントレーニング、これらはオプトメトリストが行う目の訓練方法です。
これを専門知識をもって行うのがオプトメトリストです。

おこなうトレーニングは多岐にわたり、時に視力を向上させるために必要な栄養についてサポートすることもありますし、生活習慣についても指導など行いそのことによって視力を向上させることにつなげる事もあります。

オプトメトリストの資格とは

日本にはオプトメトリストの公的資格がありません。
そのため、日本でオプトメトリストとして活躍するためには、日本オプトメトリック協会がおこなっているオプトメトリスト認定試験を受験し認定を受ける事が必要でしょう。

仕事については眼鏡やコンタクトレンズの専門店、また眼科などの医療機関、さらに眼鏡のメーカーなど様々です。
オプトメトリストという職業はこれから認知度なども上がっていくと考えられます。

Posted by GRiry7uk