MRとはどんな仕事なのか

MRの画像

MRというお仕事

最近転職市場の求人広告をよく見ていると、
MRという職種の募集を良く見かけます。

未経験者でも構わないとするケースも多いのですが、
このMRという仕事について、説明していきます。
MRとは、医療情報提供者という言葉の略になります。

一般的にMRと呼ばれる方々は、
製薬会社に所属しているケースが多く見受けられます。

お仕事内容

その仕事内容は、自社の薬を、
その病院の医師に使ってもらうことも目的に、
その薬の特徴や優位性を説明する仕事になります。

その時に他社の比較も行いますが、
使っている場合もありますので、
他社の薬と比較する際には、問題点を指摘するだけではなく、
その製品も肯定しながら、
自社の薬のほうがメリットがあることを、
説明できる能力が必要となるのです。

もちろん営業経験があれば良いのですが、
どちらかというと、きちんと説明できる能力が求められる職種ですし、
説明の仕方なども、製薬会社にて用意されますので、
それを事前に教わりますので、
未経験でも対応可能なのです。

営業販売もMR

これに対して、診療器具を販売するメーカーの営業の方も、MRと呼ばれます。

こちらの場合、自社の製品デモをするところが肝心になりますので、
看護師の方を中心にデモの日程を行い、実際に自社の製品を見てもらって、
採用してもらえるように、活動を実施するのです。

またこういった医療機器は高額なものが多いので、
導入までに時間がかかるケースが多くあります。
病院が購入を検討して、予算の確保を実施することや、
実際にその予算を執行するために、いろんなサポートを行う必要があるのです。

最近ではITの技術を応用する機器が増えてきていますので、
こちらのMRの方は、IT関連の企業で、
営業をされていた方が多いのです。

もちろん製品を販売するということですので、機器を販売したことのある経験があれば、
問題なく対応できるはずです。このようにMRといっても、二つの意味があり、
それぞれに営業スタイルも変わってくるのですが、
多くのニーズがあるために、求人数も多いのです。

Posted by GRiry7uk