救命救急士の仕事内容とは

救急救命士の職場は消防署が一般的

医療関係の仕事を行う場合には、
通常病院やクリニックなどの医療機関、
介護施設や保健所などの施設に勤務するのが一般的です。

しかし、救急救命士という職業に就いた場合には、
消防署に勤務するのが一般的になります。

なぜ消防署に勤務するのかというと、
救急車を呼ぶときには119番に電話するのですが、
この番号は病院ではなく消防署です。

救急車を手配するということは、
一刻を争うほど重症の患者である可能性も高いので、
消防署にも医療の知識を持ち、
応急処置を行うことができる職業の人が必要になります。

だから救急救命士として勤務する場合には、
救急車の手配依頼が来る消防署に勤務し、
急病人などに備えておく必要があるのです。

通常は3人1組で出動し、
その中に1人は救急救命士がいるということになります。

救急救命士はどのような仕事をしているのか

緊急時に備えて消防署で勤務している救急救命士ですが、
その仕事内容は医師に近いといってよいでしょう。

通常医療行為を行う場合には、
医師以外の職業の人では不可能になっているのが一般的です。

医療行為を行うのであれば、
医師の指示に従って施すことができるというのが普通なのに対して、
救急救命士は一部の医療行為を医師の指示なしで行うことができます。

どのような医療行為であれば許されているのかというと、
電気ショックや薬剤投与、点滴や気管挿管など、
救急救命に限定して行えるようになっているのです。

他の医療行為が必要な場合には、
やはり医師の指示で行わなければいけません。

しかし、一部とは言っても自分の判断で医療行為を行う職業なので、
そう簡単に就ける職業ではないのです。

では、救急車の出動がないときにはどのような仕事を行っているのかというと、
デスクワークや救命機器の整備、点検などを中心に行っています。

場合によっては学校などに出向き、
応急処置や救急車の呼び方などの指導を行うこともあります。

よって応急処置などの知識や技術だけではなく、
指導力も必要になる職業なのです。

体力が資本となる仕事

患者の中には大柄で体重の重い人もいますし、
重症の場合には1分1秒を争うぐらい忙しくなります。

出動要請があればいつでも即座に出向かなければいけないので、
救急救命士は知識や技術も重要なのですが、体力がかなり重要になります。

どのような仕事であっても体力は重要なのですが、
これほど体力が資本となる医療関連の仕事はないと言っても過言ではありません。

昼間にだけ病気にかかるというわけではありませんので、
当然24時間体制で対応する必要もあります。

勤務時間が長いのも救急救命士の特徴だと言えますし、
場合によっては職場で仮眠を取ることもあります。

救急救命士を目指すのであれば、勉強と一緒に体力もつけておきましょう。

Posted by GRiry7uk