看護助手の仕事内容とは

看護助手の立場

医療関連の職業は多数あるので、
中にはよく似ている職業もありますし、
同じような名称になっている場合もあります。

看護師の中でも、正看護師と准看護師、
さらには看護助手があるのですが、
看護助手というのはどのような立場なのでしょうか。

一般的な看護師は正看護師と呼び、
主に医師の補助が仕事となっていますが、
国家資格が必要になるので、
看護師の中では最も立場が上だと言えるでしょう。

そのため、役職に就ける人は正看護師のみとなっています。

准看護師も資格がなければ仕事ができないのですが、
正看護師が国から資格をもらうのに対して、
准看護師は都道府県から資格をもらうことになります。

よって正看護師よりは立場が下になると言えるでしょう。

では看護助手はどうなのかというと、
特に資格を取得していなくても仕事をすることが可能になっています。
歯科医院で言うと歯科助手と同じ立場だと言えるでしょう。

そのかわり、医療業務を直接行うことができませんので、
入院患者の食事や入浴の補助、
家族や本人への説明や医療機器の管理などが主な仕事になっているのです。

看護助手というのは、
看護師の中で最も下の立場になってしまうのですが、
近年の看護師不足に対応するためには、
看護助手の力も必要不可欠だと言えるでしょう。

最近は看護師や准看護師の資格を取得する前に、
看護助手として勤務経験をしておくという人もいます。

自分が看護師としてやっていけそうなのか確かめるよい方法だと言えるでしょう。

看護助手の仕事ができれば就職の幅が広がる

看護助手の仕事というのは、
基本的には正看護師の補助となります。

なぜなら資格を所有していないので、
医療行為を行うことができないからなのですが、
医療に関する知識は身につきますし、
介護士のような仕事も多くなっているため、
看護助手の経験があることで就職の幅が広がります。

看護助手の経験があれば、ホームヘルパーや介護士としての仕事もこなせますし、
製薬会社や医療機器メーカーといった業種への転職も有利になるでしょう。

特に介護職への転職は非常に有利になりますし、
他の資格を取得するときにも合格率が上がります。

看護助手は資格が不要とは言っても、
現在ではいろいろな資格が存在しているので、
看護助手認定資格というものも存在しているのです。

看護助手認定資格があれば、
経験も知識も十分だという証明になるでしょう。

就職の幅を広げたいという人だけではなく、
医療現場で実際に働き、
どのようなものなのかを経験してみたいという人もたくさんいます。

また、正社員としてだけではなく、
契約社員やアルバイト、パートとしても就職しやすい上に、
年齢の幅も広くなっているので、比較的就職しやすいというメリットもあります。

ただし、医療関連の仕事はかなり厳しいので、
看護助手だから仕事が楽だという考え方をしてはいけません。

Posted by GRiry7uk