助産師の仕事内容とは

女性のみとなっている仕事

最近は女性専門の仕事や、男性専門の仕事というのはどんどん減少し、
殆どなくなってしまったといってもよいでしょう。

しかし、現在でも女性しか就くことができない職業が存在しているのですが、
それは助産師と呼ばれている仕事です。

昔は助産婦と呼ばれていたのですが、
名前が変わっても女性のみが働ける職業であることには変わりありません。

看護師のように、看護婦から看護師になったことで、
男性も仕事ができるようになったというわけではないのですが、
なぜ助産師は女性だけになっているのでしょうか。

それは助産師の仕事が関係しているのですが、
助産師というのは赤ちゃんを取り上げるのが主な仕事になっているので、
男性には難しいのです。

しかも助産師の人数は年々増加しており、
子供を産む人の数は減少しているので、
十分ではありませんが、比較的人数が充実している職業とも言えます。

助産師の仕事は複数存在する

助産師というのは主に赤ちゃんを取り上げるのが仕事になっているのですが、
助産師の仕事は他にも存在しているのです。

では、どのような仕事を行っているのかというと、
妊娠中や出産直後の妊婦、もしくは新生児の健康に関する相談や指導、
さらには育児に関する相談や指導も行っています。

ようするに産科の仕事を全て行うと言っても過言ではないのです。

新しい命と母親の健康に関する全ての相談や指導などを行っているのですが、
通常出産は産婦人科で行うことが多いでしょう。

しかし、産婦人科の医師も他の診療科と同じように、
男性の医師が多くなっているのが現状です。

男性にはどうしても相談しにくいということがたくさんあるので、
女性のみが仕事をすることができる助産師の存在というのはとても大切になります。

助産師の就職先

助産師はいろいろなところに就職することができるのですが、
大半の人は病院に就職しています。

なぜなら最も多くの助産師を必要としていますし、
規模も大きくなっているので、
病院に就職するのが最も確実だからだと言えるでしょう。

その次がクリニックなのですが、
病院とクリニックで大半を占めています。

他にも助産師の就職先があるのかというと、
助産所と呼ばれている場所に就職することもできますし、
看護学校など医療機関で働くための勉強をする施設にも就職できます。

さらに市町村や保健所にも就職することが可能なので、
比較的就職先が多くなっているのです。

助産師の資格を持っている人は、
看護師の資格も取得しているのが一般的なので、
看護師としても就職が可能になります。

簡単に言えば、助産師というのは看護師の上級職となっているので、
看護師の仕事も当然行うことが可能です。

しかも助産院を自分で経営することができるというメリットもあるので、
医師に匹敵するぐらいさまざまな働き方ができるのです。

Posted by GRiry7uk