柔道整復士の仕事とは

スポーツ経験者が目指すことも多い柔道整復士という資格

サッカーや野球、バレーにバスケット、いずれのスポーツもみんな怪我が付きものです。
骨折やねんざなどをして医療機関で治療を受けます。
医療機関のほかにも、例えば接骨院や整骨院などに治療へ行く方もいますが、ここで施術してくれるのが、柔道整復士です。

柔道整復士というのは国家資格であり、混同されることが多い整体師、カイロプラクティック師とは全く異なる職業です。
国家資格となるとあんまマッサージ師、鍼灸師などがありますが、これも柔道整復士とは違う資格です。

柔道整復士の仕事内容

骨、関節、筋、腱等痛みが発生している箇所、また脱臼や打撲、捻挫などの治療を行うのが柔道整復士です。
医療機関に行くと骨折でもボルトを埋め込む手術などを行う事がありますが、こうした外科治療とは違い、柔道整復士の場合、「非観血的療法」という治療です。

ひどい捻挫の場合には固定を行ったり、その箇所をマッサージして血液をよりよく滞留させ患部がより早く改善方向に向かうようにします。
基本的に素手で治療を行うというのが柔道整復士の特徴で、投薬、手術などを行うことなく、湿布、テーピング、包帯など利用して治療します。

骨折という場合は応急処置について柔道整復士が行う事が出来ますが、治療という場合には医師の同意が必要です。
アスリートが所属するチームなどには緊急時の対応などが即時できるため、柔道整復士の資格者を雇用している所も少なくありません。

ほねつぎという技術を持っている柔道整復士

脱臼、打撲、捻挫、挫傷、こうした骨折以外の医療行為ができる、これが柔道整復士です。
ほねつぎと呼ばれている古くからの技術は現在もスポーツの分野、また治療院などで利用されています。

柔道整復士は民間資格と同じと考えられてしまう事がありますが、民間資格ではなく国家資格です。
風邪などをひいて熱が出たり、鼻水、咳などの症状が出ると医療機関へ行きます。
この時保険証を利用出来ます。

柔道整復士の治療院などでも同じように保険証による治療ができる、これが大きな違いです。

活躍の場が広がっている柔道整復士

これまで接骨院や整骨院、治療院などとして一般の方々を外来などで治療してきた柔道整復士ですが、最近はこうした開業と共に、スポーツトレーナーとしての活躍が注目されています。

プロアスリートに帯同し遠征したり、プロチームに所属し選手たちの体の状態を常にいいコンディションにするなどの仕事をされている柔道整復士もいます。
高校の部活などでも私学などは柔道整復士をトレーナーとして雇用されることも多くなっていますので、この先、こうした働き方をする資格者も多くなると考えら獲れています。

Posted by GRiry7uk