医師の仕事内容とは

医師の画像

命を預かる最後の砦

医師はとても大変な仕事です。
医師免許を取得するためには医学部の大学を卒業し、
さらに研修医という過程を踏まなければなりません。

一般的にその後に診療科目を決定することになります。
どのような医師であっても、人の命を預かると言うことに違いはありません。

しかし、外科医を選択するということは、
医師になることは、
生涯人間が避けることができない死に対して命を救うという使命を持つということ。

命に関わるということは、人の命にたいして干渉することで、
責任を持つことに他ならない、
仕事といっても医師はそのような部分で特殊と言えるでしょう。

医師の仕事内容とは、
人間を観ることと病気の組織を取り除くことに集中することという、
2つの切り替えが要する仕事なのです。

この内容に関して詳しく今回は説明したいと思います。

心のケアも大切

人を観るこれは人間の気持ちを読み取るいうことにほかならない、
同じ病気でも患者にとって伝える言葉を適宜変える必要があります。

それが、人を診ること。
手術に関すること病気に関すること患者は様々な悩みを抱えている、
不安症の方であれば取り除かなければなりません。

基本的に医師の多くの方は、家族の方のケアを大切にしています。

自分との闘いでもある

もちろん、家族が一番心配していて患者の心配を解くには家族を大切にしています。

病気組織を取り除くことに集中する、
言い変えれば人ではなく物質として人間を見るということになります。
このような言い方に対して偏見があるかもしれないのですが、
そう切り替えなければ外科医は務まらないと考えています。

想像してみてください。
目の前にいる患者には家族がいて自分の手術の出来具合によって人生が左右される、
自分が持ったメスでこの患者の苦痛を取り除くことができると言う点も必要なのです。

医師の仕事内容は多岐に渡りますが、
精神的な強さも必要不可欠ということがお分かりいただけるのではないでしょうか。

Posted by GRiry7uk