保健師の仕事内容とは

いろいろな仕事がある保健師

保健師と言われても、
あまりピンとこない人も多いでしょうが、
実際にはいろいろな職場で勤務しています。

例えば病院やクリニックを始めとした医療機関、
民間企業や公社、保健所などの施設や学校にも勤務しているのです。

病院やクリニックなどに勤務する保健師を病院保健師や普通に保健師などと呼ぶのに対して、
民間企業に勤務している保健師を産業保健師や企業保健師などと呼びます。

学校に勤務している保健師を学校保健師、
公社や施設などに勤務している保健師は行政保健師と呼ばれています。

ちなみに行政保健師は当然公務員扱いとなるのはいうまでもありませんし、
産業保健師以外は公務員として勤務する可能性もあります。

では、保健師というのはどのような仕事をしているのかというと、
仕事内容も多岐に渡っているのですが、
一般的には看護師と同じような仕事内容だと言えるでしょう。

病院では看護師不足の影響もあり、
看護師としての業務をこなすこともありますし、
学校の場合には殆ど仕事内容は変わりません。

民間企業でも同様に看護師と殆ど仕事内容は変わらないのですが、
保健師の仕事というのは基本的に健康相談や健康に関する指導が中心となっています。

最近ではストレス社会と呼ばれていることもあり、
メンタルケアの仕事が多くなっているのですが、
保健師が対応に追われているような状態です。

健康に直接関係している指導だけではなく、
放置しておくと健康を害してしまうような衛生面に関する指導も行っています。

そのため、看護師のような病院に対処する知識だけではなく、
医師のような病気に対してどのようにするべきなのかという対処法などの知識も必要になるのです。

当然国家資格なので、取得するのはかなり難しいと言えるでしょう。

保健師になることで得られる資格もたくさんある

多数の仕事ができる保健師ですが、保健師の資格を取得することや、
保健師になるために学校へ進学し、卒業することで、
いろいろな資格を取得することができるというメリットがあります。

保健師になるためには、看護学校や看護大学に行くのが一般的なのですが、
看護学校や看護大学を卒業すれば、当然看護師の資格を取得することも可能になります。

他にも都道府県などに資格を取得したいと申請するだけで
簡単に資格を取得できるものもあるのです。

主な資格を挙げてみると、第一種衛生管理者や産業カウンセラー、
健康運動指導士や養護教諭などがあります。

特に養護教諭というのは、
学校にある保健室で勤務するためには欠かせないので、
取得したいと希望する人が多くなっています。

なぜこのようなメリットがあるのかというと、
保健師の業務というのはたくさん存在しているので、
多数の職場で必要とされている職業だからでしょう。

Posted by GRiry7uk