精神保健福祉士の仕事とは

精神上障害をお持ちの方、ご家族に近い仕事「精神保健福祉士」

精神上障害をお持ちの方、またそのご家族の相談を受けて、日常生活を円滑に送ることができるように、必要な訓練ができる施設の紹介、また就職などについての相談を受けるなどしながら、その方とご家族が最もいい環境で日常を送ることができるようサポートします。

精神保健福祉士は医師や臨床心理士と連携して業務を行う事もありますし、そのほか、臨床の現場ではなく、行政機関等で必要な書類を作成したり、給付金制度など関係する制度などを説明するという仕事もあります。

精神上に障害をお持ちの方について、総合的に様々なサポートを行うため、精神保健福祉士は時に精神医学ソーシャルワーカーと呼ばれることもあります。
このようなソーシャルワーカー系の資格には社会福祉士という存在がありますが、扱う分野に違いがあります。

社会福祉士の場合、福祉について総合的な分野を扱いますが、精神保健福祉士は、「精神障害」をお持ちの方に特化したサポート等行う仕事となります。

精神保健福祉士が活躍できる場所は?

精神保健福祉士が活躍できる場所としてはまず医療機関があります。
精神病院、クリニック、また総合病院や大学病院であれば精神科などで雇用があります。

行政機関としては精神障害をお持ちの方に必要な制度の紹介や、必要な書類の作成、サポートなどを行う行政機関で活躍できます。
例えば保健所、精神保健福祉センター、さらに各市町村が設けている保健センターなどです。

このほか、精神に障害をお持ちの方の専門施設、福祉ホーム、さらに社会復帰をするための復帰施設など様々な活躍の場所があります。

施設によって立場もサポートの仕方も違う

病院など医療機関で働く場合、主な仕事となるのが入院サポートです。
内科、外科などとは違い、精神科の場合入院にもパターンがあります。
一つは患者さん本人に同意を得る任意入院、さらに精神科医が判断し保護者に同意をしてもらうことで可能となる医療保険入院もあります。

そして72時間限定という条件付きであれば本人や保護者の同意など不必要となる応急入院、さらに知事権限という強制的な措置入院があります。
こうした入院についてのサポートが医療分野での主な仕事と考えておくといいでしょう。

行政機関などでは社会的なつながりも必要となり、行政や地域の皆さんと協力し合う事が必要なこともあります。
そのため、精神保健福祉士というのは様々な知識が必要であることと、様々な人たちとの交流も含めてコミュニケーション能力が必要と考えておくべきです。

精神に障害をお持ちの方がどうやって社会に復帰するか、できないとしてもどのように豊かな生活を送るのか、非常にやりがいのある仕事ですが、強い気持も必要です。

Posted by GRiry7uk