義肢装具士の仕事内容とは

義肢装具士とは何か

義肢装具士という職業も存在しているのですが、
どのような職業なのかわからないという人もいるでしょう。

義肢装具士というのは、
一般的な医療関係の仕事とは少し異なっています。

医療関係の仕事というのは、
患者の治療や健康を守るという仕事が一般的なのですが、
義肢装具士は医療関連というよりも、
製造業で働く職人のような仕事をしている人と言った方がよいかもしれません。

中には生まれつき手足が不自由で、
思うように動かすことができない人や、
事故や病気で手足が不自由になってしまう人もいるでしょう。

このような人たちが思うように動き回ることができるよう
補助をする道具を義肢、もしくは装具と呼びます。

このような道具を作成する職業が義肢装具士なのです。

どのようにして義肢装具を作るのか

義肢装具士の仕事内容は、
手足などが不自由な人が思い通りに動くための道具を作成する仕事
というのはわかったと思いますが、
どのようにして義肢装具を作るのかまでは知らないという人が多いでしょう。

そこで簡単に義肢装具を作るための手順を紹介させていただきます。
義肢装具は患者に直接装着するので、
患者にぴったりのサイズでなければいけません。

そのため、患者のサイズを最初にしっかりと測る必要があります。
サイズを測ったら、今度は義肢装具を作っていくのですが、
そう簡単に作れる物ではありません。

だからこそ義肢装具士という専門の職業が存在しているのです。

義肢装具が完成したら、今度は実際に患者へ装着するのですが、
多くの場合は体に違和感があるので、
少しずつ調整を行っていく必要があります。

調整方法はミリ単位で行うので、
かなり細かい仕事だと言えるでしょう。
違和感がない状態まで調整を行い、
初めて完成したと言えるのです。

医療関連の知識も必要になる

義肢装具士は技術職に分類されるので、
医療関連の知識は特に必要ないのではと思う人もいるでしょうが、
実際には医療の知識も必要になってくるため、
多少医療の知識がないと務まらない仕事になっています。

基本的な医療の知識は当然として、
特に重要視されるのは体の構造です。

体の構造をある程度理解していないと、
義肢装具を作ることはできません。

よって整形外科の知識があると仕事をするのに便利だと言えるのですが、
義肢装具士の仕事というのは、基本的に病院で行うのではありません。

一般的な製造業の人と同じように、専門の工場で働くことになります。

通常は医師からこのような義肢装具を作ってほしいという注文を受け、
それから注文通りに作成していくようになるのです。

もちろん一般的な工場で勤務するのではなく、
義肢装具を専門に作っている工場で勤務することになります。

完成したら病院へ訪問して、
直接患者相手に微調整をして仕事が完了となります。

Posted by GRiry7uk