栄養士の仕事内容とは

栄養士と管理栄養士の違い

栄養士と言われると、管理栄養士と勘違いしてしまう人も多いようですが、
栄養士と管理栄養士では異なっている部分がいろいろとあります。

その1つが資格なのですが、
資格も栄養士と管理栄養士の両方が存在しているので、
栄養士として仕事を行いたいのであれば、
管理栄養士ではなく栄養士の資格を取得する必要があるのです。

ちなみに、仕事内容は基本的に同じなのですが、
異なっているのは栄養の指導を行う対象者です。

栄養士というのは栄養に関する指導を行うのが主な仕事なのですが、
栄養士の場合には主に健康な人や栄養が偏っていると思われる人に対して指導を行います。

それに対して管理栄養士というのは、
主に入院患者や病院へ頻繁に通院しているような傷病者に対して指導を行うのです。

では、栄養士の資格では医療機関に勤務できないのかというと、
そのようなことはありません。

医療機関においては、
管理栄養士が患者の状態を考慮したメニューを考案し、
栄養士がその補助をするような感じなることが多いようです。

資格に関しては、
栄養士は都道府県知事の免許を受けることになるのに対して、
管理栄養士は国から免許を受けることになります。

また、大型施設では管理栄養士の存在が不可欠になっていることから、
管理栄養士を支える仕事や、
小規模な施設などでの勤務を行うのが栄養士だと言えるでしょう。

栄養士が勤務する職場

栄養士はいろいろなところで勤務しています。
例えば病院や介護施設、学校や保健所、
幼稚園や保育園などですが、
珍しいところでは自衛隊やスポーツ選手の補佐なども行っているのです。

よって栄養士になればいろいろなところで勤務することができるのですが、
基本的に仕事内容はどこの職場でも同じです。

栄養士の仕事は主に2つ

栄養士の仕事内容というのは、大きく分けると2つあります。
1つ目は食事の管理、2つ目は栄養に関する指導です。

食事の管理は勤務場所によっても多少変わってくるのですが、
病院では他の職種の人と連携して仕事を行うことが多いので、
コミュニケーション能力が重要になります。

実際に食事を作っている職場で働くことも多いので、
このような場合には調理師とも連携していくことになるでしょう。

食事管理と簡単に言っても、対象となる人によって必要な栄養素は若干異なってきますし、
栄養だけではなく、見た目や献立の作成なども仕事内容に含まれています。

そのため、食事の管理だけでもかなりの仕事量があるのです。

栄養指導に関しても、基本的に栄養士は元気な人や、
栄養が偏っていると思われるような人の相談を受けることが多いので、
相手から詳しく食生活に関して聞き出す必要があります。

食事の管理でも、栄養の指導でも、
求められるのはコミュニケーション能力なので、
知識だけで栄養士の仕事をするのは難しいでしょう。

Posted by GRiry7uk