歯科衛生士とはどんな仕事なのか

歯科衛生士の画像

歯科衛生士が行う仕事

歯科衛生士とは、専門の育成校を卒業し、
国家試験に合格して持てる国家資格を有した人を言います。

主に、歯科予防処置、歯科診療補助、
歯科保健指導を行う事が出来ます。

予防処置とはスケーリングによる歯石の除去や薬物の塗布など、
虫歯や歯周炎を防ぐ処置の事です。

診療補助とはバキュームなどの歯科医師の治療の助手を行う仕事で、
単独での診断や治療、レントゲン撮影は行えません。

歯科医師の指導のもとでなら行える処置はあります。

保健指導では、ブラッシング指導といわれる歯磨きの指導などを行います。

国家資格の不要な歯科助手という仕事もありますが、
出来るのは主に治療の補助だけで、患者の口の中を触る事や、
国家資格を必要とする予防処置や保健指導は行えません。

保健指導に需要がある

最近の歯科医院では予防歯科に力を入れているところが多く、
スケーリングやフッ素塗布といった治療や、
ブラッシング指導といった保健指導を
専門的に行える歯科衛生士の需要は多くなっています。

歯科衛生士の職場では、現在ほとんどが女性です。
男性にもわずかですが資格保有者がいますが、
ほとんど女性のみの職業と言えるでしょう。

これは、個人医院では歯科衛生士が受付の仕事なども兼ねている事が多く、
医院によっては若い女性を主に採用している事が上げられます。

女性なら尚良し

また、女性の方が患者さんにも安心感がわきやすく、
看護師のような肉体労働も少ないため、
男性を特に必要としていないというのもあります。

女性の多い職場のため、結婚や出産などで離職する人も多く、
常に需要のある仕事と言えます。歯科衛生士になるためには、
厚生労働省から免許を与えられる国家資格が必要です。

以前は専門学校や短期大学での養成課程が一般的でしたが、
歯科医療の高度化や多様化に伴い、
大学過程や大学院課程で学ぶところも出てきています。

最近では高齢化に伴い、口の中から健康を保つという考え方が浸透してきているため、
在宅医療やシルバー産業での需要も増えています。

Posted by GRiry7uk