データマネージャーの仕事内容とは

臨床試験のデータ管理などが主な仕事

データマネージャーという名称を聞いたことがある人もいるでしょうが、
あまり浸透している職業ではないので、
どのような仕事をしているのかわからない場合もあるでしょう。

データマネージャーはデータマネジメントとも言い、
臨床試験の開始から終了までのデータ管理などが主な仕事内容となっています。

臨床試験開始前には、データマネジメント計画書の作成作業や、
症例報告書の作成などを行います。

他にもデータベースの構築化や、
チェックプログラムの作成作業などを行います。

臨床試験開始前に行うことはこれぐらいなのですが、
症例報告書に記載されていない症例などの情報収集や管理なども行わなければいけません。

臨床試験中もデータマネージャーの仕事はたくさんあるのですが、
データチェックやコーディングなどの作業が中心になるでしょう。

さらにレビュー資料を提供することも仕事のうちですし、
当然症例報告書のデータ管理も行わなければいけません。
臨床試験が終了してもまだ終わりではなく、
終了後にもデータマネージャーは仕事があるのです。

それはデータの固定やデータセットの作成作業、
総括報告書やデータマネジメント報告書の作成、
提供などの行う必要があります。

ここまで行って一通りの仕事が終了するのですが、
いろいろな部署と連携しながら行っていくので、
ミスの許されない仕事となっています。

データ管理やデータの提供、
各種報告書の作成というのは事務的な仕事と思う人もいるでしょう。

しかし、一般的な事務よりもかなりの知識が必要になるので、
とても大変な仕事になっているのです。

業務内容の概要

データマネージャーの仕事は多数あるのですが、
よく知られているのがデータマネジメント報告書や計画書の作成などです。

一般的にはDM計画書などというのですが、
どのようにしてデータを管理するのかを考えて作成するのが計画書になり、
臨床試験終了後にどのような管理を行ったのかという点を書き記すのが報告書になります。

これだけでもかなり大変なのですが、
データマネージャーの仕事には資料の作成も存在しています。

作成した資料を多数ある部署に提供するのですが、
資料を作成するというのはかなり難解な仕事だと言えるでしょう。

なぜなら自分では理解していても、
読む人が理解できなければ全く意味がないからです。

資料というのは相手に見てもらうことが重要なので、
わかりやすく記載しないといけません。

他にも臨床データのチェックも行いますし、
データベースの構築なども仕事に含まれています。
そのため、パソコンのスキルもある程度ないと仕事ができません。

このように難しい仕事が多数存在しているデータマネージャーは、
コミュニケーション力も必要になるので、
まずは自分に向いているかどうかを検討してみましょう。

Posted by GRiry7uk