診療放射線検査技師の仕事内容とは

検査に必須な放射線を扱う技師

医療がかなり専門化している中、
病気の有無のほかに、
病気の進行具合や回復具合などを調べるためには検査が欠かせません。

その検査の中でもっとも一般的な検査が放射線による検査です。
医師の指示のもと、
放射線を用いて検査を行ったり治療をするのが、
診療放射線技師です。

放射線というのは正しく利用しないと人の体に害を及ぼします。
そのため、放射線について専門知識をもって治療、
検査にあたる事が必要で、その放射線を扱う事が出来るのは、
医師、歯科医師、さらに診療放射線技師のみです。

検査などに関しても細分化されていて、
現在、一般的に放射線検査については診療放射線技師が行っています。

病院やクリニックなどに勤務して放射線の検査等を行ったり、
またこの資格を保有されている方の中には、
原子力発電所や放射線についての研究施設、
専門検査機関等で働く方もいます。

診療放射線技師は様々な役割を持つ

怪我をしたり症状を判断してもらうために、
放射線検査を行う事が多いです。

診療放射線技師と私達とのかかわりは、
この病院でのレントゲン検査で係る事が多いです。

特に診療放射線技師として
新人のうちはこうしたレントゲン撮影に関わるのですが、
経験を積んでいくと、一般的にマンモグラフィと呼ばれる
乳房X線検査や造営X線検査、さらにはMRI検査などに携わるようになります。

造営X線検査はデジタルX線TV装置と造影剤を利用し
臓器や血管を詳細に映し出す検査で、
体の断面を見る事の出来るCT、磁気を利用したものがMRI検査です。

この他、微量の放射線物質を用いて病気の診断を行うラジオアイソトープ検査、
がん治療に必要ながん細胞を破壊する放射線治療に携わる事もあります。

がんは他人ごとではない

診療放射線技師が関わる仕事として、がん患者の方々への放射線治療があります。
検査という事ではなく、がん細胞をやっつけるために行う放射線による治療です。

放射線を用いてがん細胞を破壊するという治療には、
放射線に対する専門的知識が必要となり、
この治療を行う事が出来るのも、医師のほか診療放射線技師だけです。

がんは他人ごとではなく、現在、日本の三大死因となっています。
最近は健康診断やがん検診によって早期にがんを発見されることも多くなり、
ここでも診療放射線技師が活躍されています。

放射線検査も様々な角度から行う事が出来るようになっていて、
以前は鮮明に映らなかった小さながんも現在はよい機器を利用し見つける事が可能となっています。

早期に発見し治療を開始する事でがんは「治らない不治の病」ではなくなっています。
放射線やそのほかの検査方法の発達、
医療機器の発達によって病気の発見がいち早くできるようになっています。

診療放射線技師はこうした人の命を早期発見によって守るという意味でも、
非常にやりがいのある仕事です。

Posted by GRiry7uk