カイロプラクターの仕事内容とは

力のない女性でも可能なカイロプラクターという仕事

カイロプラクターという言葉は聞きなれなくても、
カイロプラクティックという言葉は聞いたことがあるという人が多いでしょう。

カイロプラクティックのカイロという言葉はギリシャ語で手という意味があり、
プラクティスには技術という意味があります。

このことでもわかりますが、
カイロプラクティックは手を使った療法という意味です。

カイロプラクティックは19世紀、
アメリカで誕生したもので、
現在アメリカでは医師と同等と呼ばれる資格です。

日本では「手」を利用して施術するというと、
整体師、整骨師、さらに接骨師という資格があります。

厚生労働大臣認定の国家資格である柔道整復師の資格が必要な接骨師は、
健康保険による治療ができます。

しかしカイロプラクターは国家資格等がないので
民間資格の取得によって働くことになります。

どうやって知識を身に着けるのか

国家資格ではないため、スクール、
専門学校などの養成課程を修了する事で、
そのスクールや団体発行の資格を取得する事が出来ます。

スクール、専門学校などによってレベルが様々で、
講義内容、カリキュラムについてもかなり違いがあります。

カリキュラムやシステムと共に、
費用や通学期間などもスクール等によって違いがありますので、
資料をとって情報を確認し、スクールや専門学校を選ぶ必要があります。

柔道整復師というと力のある男性の方が向いていると感じますが、
カイロプラクターは女性の力でも十分対応できるという所に魅力があり、
最近多くの女性がこの民間資格を取得しています。

カイロプラクターに向く人

カイロプラクターは患者さんの体、症状をよく理解するため、
患者さんからお話をきちんと聞く必要があります。

そのため、人の話をじっくり聞けるという人の方が向いていますし、
患者さんの状態を観察する目も必要です。
長くじっくり話をしないと、
なかなか打ち解けることが出来ず自分の事を話せない人もいるので、
気長に患者さんのお話を親身に聞ける人の方がいいでしょう。

専門学校やスクールで医学的な知識も学ぶことになりますが、
こうした知識をしっかり持つことも、
患者さんの現在の症状を改善するために必要な事です。

時に、臨機応変に対応する事も必要となりますので、
明るくコミュニケーションが取れる人、
人と話をすることが苦ではない人が求められます。

体の気の流れを整えるのが仕事

カイロプラクターの仕事は患者さんの身体を少しでも楽な状態、
健康な状態に持っていく仕事です。

骨格、筋、またリンパ、血液などの経路を「気」として、
脳脊髄液がどう流れるかどう流れるのかを把握し、
体内の気の流れがスムーズに行くようにします。

患者さんの症状によって施術内容を変えるため、
患者さんの状態をしっかりと把握することが何より大切です。

Posted by GRiry7uk