細胞検査士の仕事内容とは

細胞の検査を行う細胞検査士

細胞検査士はあまり聞きなれない資格ですが、
病理検査室で業務する臨床検査技師の実務で
細胞の検査を専門的に行う資格者を細胞検査士といいます。

細胞の検査を行い、良性なのか悪性なのかを判断したり、
良性細胞であってもその中から少数の悪政細胞をみつける等、
非常に繊細で技能が必要な業務です。

国家資格となる臨床検査技師の資格を取得する事が必須です。

病気の有無を調べる際、人の細胞の一部を採取し、
病気の存在を確認します。

がん細胞、またがん細胞と区別がつきにくい異形細胞、
がん化する前の前がん病変の為の異形成細胞があるかどうか、
顕微鏡によって細かく調べます。

この細胞検査士が行う検査によって、
がんの早期発見やそのほかの病気の早期発見につながっているのです。

細胞検査士はがん専門の病院や大学病院、
また検診センターや一般病院、大学の研究機関、
さらに民間の製薬会社などで働きます。

細胞検査に必要な細胞の採取介助、
採取した細胞を即時、適切な細胞処理を行い検査に
必要となる染色法などを選び出汁検査を行います。

検査の結果を医師に伝えるほか、検査結果の精度管理、
細胞の標本を管理するという仕事も行います。

細胞検査士になるために

細胞検査士になるためには臨床検査技師の国家資格を受けて合格することが必須です。
合格後、病院、また登録衛生検査所などで細胞診の業務を1年以上経験、
若しくは大学の細胞検査士養成の研修コースなどを修了する事が必要です。

最後に、認定試験を受けて合格する事で細胞検査士として認定を受けることができます。

細胞検査士の試験は、
1次試験となる筆記とスライド投影による細胞像判定試験と、
2次試験となる顕微鏡によるスクリーニング、
細胞同定試験や標本作成実技試験等、実技試験を受けます。

学校の勉強で不安が残るという人には、
がん検診センターにおける2次試験対策講座を受けるといいでしょう。

この講座は1次試験合格者が対象となります。

がん検診の必要性が高まる中、注目される資格

著名な方々、またタレントさんが、
がんを公表し、同じがんで苦しむ方々に共に頑張ろうと
尊いメッセージをブログ等で発信されています。

こうした有名な方ががんと闘っているという公表は、
がん検診の推進に大いに役立っています。

がんの治療を行い辛い思いをされている中、
同じような思いをしてほしくない、
ご家族に辛い思いをさせないようにと、
がん検診の必要性を強く訴え、そのブログを読み、ニュースをみて、
一般の方々ががん検診の重要性を認識され検診を積極的に受けるようになっているのです。

こうした必死の活動の中、がん検診を受ける方々が非常に多くなり、
細胞検査士としての役割も非常に大きなものとなっています。

Posted by GRiry7uk