歯科医院

歯科医療事務とは

歯科医療事務というと、
一般的な医療事務とは異なるものに見えます。

しかし、歯科医院としての特色はありますが、
一般的な診療所とあまり変わらない仕事が医療事務として待っています。
歯科医院での医療事務の仕事は、診療所同様に多岐にわたるといっていいでしょう。

規模的に小さくなりますし、ともなって人数も多いわけではありません。
そのため、医療事務といって思い浮かべるレセプト業務だけではなく、
ありとあらゆることが仕事として発生してくるのです。

歯科医院での医療事務の仕事とは

歯科医院では、まず受付の仕事から始まります。
病院や診療所と同様、受付業務があるわけですが、
少し違うのが予約をとってからくる患者が多数を占めるということです。

スケジュールと照らし合わせながら、
受付をこなしていくため、
窓口業務は病院のように煩雑にはならないといえるでしょう。
その分だけ、スケジューリングが大切な仕事として出てきます。

予約をとって診察や治療を受けるケースが大半のため、
効率よくスケジュールを組める管理能力が必要です。

診療時間も知らなければいけませんし、
空きに関しても正確に把握する必要があるでしょう。
その上で、効率化を進めることが重要になってくるのです。

予約といっても、電話が主な連絡手段となってくるため、
対応力も求められていきます。

不快にさせないような対応というだけではなく、
現状を確認し、正確な情報を聞き出す能力も必要です。

そういった情報をもとに分析し、
正確なスケジューリングに生かすことが求められていきます。

こういった業務のほかに、レセプトの点検や作成作業もありますし、
患者情報の入力や管理もしなければなりません。

歯科医師では、レセプト業務は外注委託しているケースもありますが、
これもすべてではありません。

知識がなければ、外注とのすり合わせもできなくなってしまうため、
業務がなくても勉強していかなければいけないでしょう。

他にも診察室への案内や治療費に関する会計業務もありますので、
かなり忙しい日々を過ごしていくこととなるでしょう。

歯科医院の医療事務が歯科助手と呼ばれる意味

歯科医院の医療事務は、歯科助手とも呼ばれています。
その意味は、単に事務系の仕事のみならず、
歯科医師や歯科衛生士のサポートも
行っていかなければいけないということがあるからです。

診療室に入って、サポートすることも出てくるわけですが、
医療行為はできるわけではありません。
そのため、口腔内に触れるような行為は厳禁です。

そこで、機材をそろえたりすることで、
歯科医師の仕事を軽減することが仕事となることが多いのです。
照明の角度調整も行ったりするため、
歯科助手ともいわれるゆえんだといえるでしょう。

Posted by GRiry7uk